<< 8/24 公民館に行きました | main | アリスの法華経物語 方便の話 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

アリスの法華経物語(序)−1

 

(^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿



(^○^)いらっしゃいませ!★
カップ


受付案内 成行ストーリー総合案内はこちらです。


ぴかぴかいらっしゃいませ! 桜 1号店 鳥2号店  

食事 田利のお米はおいしいよ♪ http://tari-4970okome.sakura.ne.jp

(^^)/ ジョギング気ままにGO! http://kimamadeok.exblog.jp
エキサイトブログ開設しました。
旅の思い出情報!楽しみ方をご案内してゆく予定です。

(^○^)いらっしゃいませ!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき

りんご線


 
アリスの法華経物語 (序品第一)

お釈迦様は、霊鷲山の王舎城にいらっしゃいました。
人間、神、天人など 
数え切れない程たくさん(゚.゚)?
無限に集まっていたそうです。

§^。^§お釈迦様は、
皆に尊敬され、偉大な教えを説かれました。
そして、瞑想(三味)に入られたのです。

天上からは、綺麗な華が美しく降ってきて
(^O^)全てのものに降り注ぎました。

それから、仏国土に大地震が起こりました。
全てのものがビックリして、
(^O^)大きな喜びにうち震えたのだそうです。

(゚.゚)?お釈迦様の眉間から、
突然!1条の光が放たれ
§^。^§隅々まで照らし出しました。

地獄から天上の有頂天まで
全ての衆生を照らしたそうです。

至高の美しさです。

仏国土では、みんな思い思いに結果を得ようと
修行をされているそうです。

地獄・餓鬼・畜生・阿修羅。
人間・天上の六道世界をたどり、
生まれて死んで行くのです。

仏陀の説法の声を聞くことも出来たそうです。
光り輝く(^.^)崇高な光景です。

最高の悟りの乗り物を得ようと、
みんな全てを布施して祈るのです。

(゚.゚)弥勒菩薩は、思いました。
お釈迦様は瞑想中で語れないのに、
奇跡を起こされ、偉大な光景を示されました。
どんな意味があるのでしょう?
聞いてみました。

(^O^)/文殊菩薩様、ご存知ないですか?

 
(^.^) 偉大な教えを語って聞かせるために、
方便をされたのでしょう。
≪(・o・)ここからは、文殊菩雑様のお話しされたことです≫

遠い昔、日月燈明如来様<仏陀>がおられました。
正悟りを得て、至高の智を得ました。
 §^。^§ この世には、
生・老・病・死の苦しみがあります。

煩悩があるから苦しいのです。
八つの正しい生活態度を心掛ければ、
苦のない安隠で、平和な境地になれますよ。
と説かれました。
 

 
§^。^§ 12因縁についても説かれました。

ある刺激(無明)に反応して、
行動(生活作用)が起こります。

行動すると、結果を知り(゚.゚)?
自分の常識を考え出します。(識別作用)
自分の常識を考え出すと、
ラベル(名色:名称・形態)を貼って自分で区別します。

ラベルによって、
六処(眼・耳・鼻・舌・身・意)の感受機能が働きます。
感受機能が働いて、
対象となる相手とのつながりが出来て行きます。
接触・感受・妄執(愛)・執着(取)・生存(有)・出生・老死・・・

「苦悩を消滅するには、
原因をはっきりさせる縁起を知ればいいのです。
縁起の順序を逆にたどって行けばよいのですよ」
と説かれました。
 

 
§^。^§菩薩(修行者)には

六波羅密
(与えること、戒律を守ること、苦難に耐えること、
真実の道を実践すること、
精神統一して安定させること、真実の智慧を得ること)

至高の悟りを得て、
すべてを知る(仏の知恵)に至る教えを示されました。
 
そして、完全な悟りの境地に達した、
同じ名の仏様が2万も出たのです。

最後の日月燈明仏が、
出家せずに太子であったときに、
八人の息子がおりました。

息子はそれぞれ国を所領しておりましたが、
太子が出家し、至高の悟りを得たと聞き、
8人の息子全員が愛欲を捨て出家して修行をし、
千万の仏のもとで善根を植えたそうです。

最後の日月燈明仏は、
幾千万億の人々に妙法蓮華経を説き、
坐を組み、身も心も動じなくなって
瞑想(三昧)に入りました。

天上から綺麗な華が美しく降ってきて全てのものに降り注ぎました。

人間と人間以外の数え切れないもの達が集まっておりました。
神々も竜神も空中に姿を現し、
人間の最高者<仏陀>に供養したのです。
その瞬間、仏国土に大地震が起こりました。

仏陀の眉間から、美しい1条の光が放たれ
§^。^§隅々まで照らし出しました。

20億の菩薩があり、
光明が仏国土を照らすのを見て皆が喜び歓喜に包まれ、
驚愕し、「何々どうしたの?」
因縁を知りたいと全員が思いました。 

その場に妙光菩薩が、
8百人の弟子を連れて来られていました。

最後の日月燈明仏は、瞑想から立ち上がると、
妙光菩薩に向かって『妙法蓮華経』
(“正しい教えの白蓮”妙法蓮華、
菩薩を教える法、仏が護念すべき法)を語りました。

妙光菩薩は、教えの全てを記憶し、
法を護持するようになりました。

語り終わると「私は、今夜遅く、
完全な悟りの境地(無余涅槃)に入るであろう」言われ、
「恐れてはならない。私の後にまた仏陀が現れる。
徳蔵菩薩は、完全な悟りの境地に達し、
清らかな目の離垢眼如来になるであろう」
周りのものに語られたそうです。

その夜、無余涅槃に入り、入滅されました。

仏様の滅度後、妙光菩薩は、
妙法蓮華経を説いて人々を教化したのです。
8人の息子は、妙光菩薩の弟子になりました。
多くの仏陀に会って供養し、全員が至高の悟りを得たそうです。
最後にさとったのが燃燈如来でした。

(^.^) その時に教えを説いた(妙光菩薩)のは、
私(文殊菩薩の前世)なのです。

8百人の弟子の中には、利得に走り、
名誉・名声を欲しがる菩薩が1人おりました。
お経を読んでもすぐに忘れてしまうのに、
名声を欲するので求名と呼ばれたそうです。
求名菩薩は、さまざまに善根を植え、
多くの仏陀に会って供養し、慕い、礼讃しました。

涅槃に入られた仏の教えに怠けて従わない・・・・(^^ゞ
その時の求名菩薩は、あなた(弥勒菩薩の前世の姿)です。

(^.^) 光を放されたお釈迦様は、

きっと最高の経典を説かれるのだと思うんですよ。
 

(^.^) お釈迦様は、史上最高の教えを言葉にして、
誰にでもわかるように説いてくださいます。
心を清らかにして、一生懸命に合掌するのですよ。

お釈迦様は、生きとし生けるもののすべての幸福を願い、
深い慈悲を持って教えを説き、無限の教えの雨を降らせ、
悟りを求め修行する人達を満足させることでしょう。

疑ったり、不安になったり、
信じられなくなったとしても、
あなたを見捨てません。

賢者である仏陀は、方便を使い、

迷いを取り除くことでしょう。


* はじめて読む法華経 立松和平著 を参考にさせていただきました。


すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

毎度(^○^)ありがとうごさいます


 (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください


食事 田利のお米はおいしいよ♪ http://tari-4970okome.sakura.ne.jp

(^^)/ ジョギング気ままにGO! http://kimamadeok.exblog.jp
エキサイトブログ開設しました。
旅の思い出情報!楽しみ方をご案内してゆく予定です。

メイドさん
ぴかぴかいらっしゃいませ! 桜 1号店 鳥2号店  

  
ミズノ公式オンラインショップ

たぬきをクリック(^_-)
たぬき



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪




 寄鍋もどき * アリスの法華経物語 * 13:51 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:51 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ