<< 関門海峡花火大会に行きました | main | 尾道に行きました >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

宮島水中花火大会

 

(^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿



(^○^)いらっしゃいませ!★
カップ


受付案内 成行ストーリー総合案内はこちらです。


ぴかぴかいらっしゃいませ! 桜 1号店 鳥2号店  

食事 田利のお米はおいしいよ♪ http://tari-4970okome.sakura.ne.jp

(^^)/ ジョギング気ままにGO! http://kimamadeok.exblog.jp
エキサイトブログ開設しました。
旅の思い出情報!楽しみ方をご案内してゆく予定です。

(^○^)いらっしゃいませ!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき

りんご線


 
宮島水中花火大会

(^o^)丿 8月14日、宮島水中花火大会を見に行きました。
自宅を17時頃に出て、
JRの駅へ向かうと(゚.゚)?人が多い。
浴衣を着た若者が目立ちます。(^O^)v 
往復切符を買って行きました。

JR横川駅で乗り換えをして、宮島に向かうのですが、
乗車出来ないくらいの満員でした。

JR宮島口駅で下車して、
駅の構内は帰りの切符を買う人でいっぱいです。
宮島までの往復フェリー切符を買う人もいました。

(゚.゚)?帰りのJRに乗車するための行列用の柵が出来ています。
地下道を通り、フェリー乗り場に行きました。
ここもすっごい人です。

フェリーに乗船し、イスにすわってホッ!
クーラーが聞いていて涼しいです。

(゚.゚)?フェリーも人でいっぱいになり、
立っている人も多かったんですよ。
私の隣はアベックが座りました。

フェリーはPM18時出航しました。(^^)/~~~
* 以前、16時頃に宮島に着くと
桟橋でうちわを配っていて3本も貰いました。

どうでもいいくらいすっごい人で、
宮島に到着しても、神社まで行ける?(゚.゚)

プラカード持っている人がいて、
「神社までの近道です」書いてありました。
(^^ゞ 混んでいて通れないところは・・・
良く見えるいい場所なんですよね。

(・o・) 花火は、鳥居めがけて上がりますが、
3箇所であがるんです。

場所を求めてウロウロしました。
水族館のそばも、多くの人が来られていました。

ビール 値段をチェックして歩いたら(゚.゚)?
 ¥350、¥400がありました。

(^_^;)夜店のおじさんが、
「ビールは何処も¥500ですよ」
調子良く売っていました。

神社の傍で、鳥居が見える位置(正面)を確保!
潮が満ちてきて移動する人もいました。

カメラ三脚を構えているおじさんが傍にいるいい位置です。
(^O^)いい場所のようです。
ちょうど、多くの人が通る所です。
「通路をふさがないように」警備されていました。

潮が満ちて来ているので、
非難したほうがいいようなのですが・・・・皆、聞きません!

勇気ある浴衣の女子高校生(^_^;) 
立っている人がいて見えないから「座ってください」
警備の人が、「見えないから、座ることになっています。」
何度言っても聞かない人が・・・?

カメラを3脚にセットして、
構えているおじさんも・・・立っているので見えない!(>_<)
(゚.゚)?昨日の九州は、みんなお行儀良く座っていましたよ。

お寺からみた水中花火
(゚.゚)?花火が始まっても、
松の木で見えないので移動しながら見ることにしました。
お寺の奥から水中花火が上がって「わーっ!綺麗」

人ごみの中を 夜店の前を通り、
なんとかステージの傍まで来ました。
やっぱり、ステージの傍が一番いいのですが、
人が多くて見えません。

石の灯篭に攀じ登って、
しがみついて花火を見ている人もいました。
朝早くにいい場所を確保しないと難しい!
松の木が影になって見えない。

桟橋を目指して花火を見ながら歩くのですが、
途中!人が多くて動かないんです。
(゚.゚)?金魚すくいは、人が来ない?
お店の人が自分たちで楽しんでいました。

宮島の花火1宮島の花火2
屋台も売れないから?
焼きそば大盛に
してもらっている人もいました。
すっごい人の動きで、夜店が邪魔?
お店の人が怒っていました。
押すと危ない!

有料観覧席のそばは、
綺麗に見えました。(柵が写真に写るんですけど)

歩いていて、大会のスパンサーが配っていた
うちわを拾いました。(^O^)vラッキー
きっと、誰かの落し物(^_^;) 暑いからちょうどいい。
裏には織田裕二の笑顔がキター!(太陽と海の教室の宣伝がありました)
(社)宮島観光協会 http://www.miyajima.or.jp


桟橋のところまで来ると、
やや空いてきて、そろそろフィナーレです。

真昼のように明るくなって、これでもか?
花火が上がって(^O^)v綺麗でした。
さあて、帰りです。押しくら饅頭状態で、
息も苦しいし、暑い。サバイバル!

フェリーの汽笛が・・・
5回位聞こえたのでしょうか・・・?

(^^ゞ「はい!ここまで」
なんとかギリギリもぐり込みました。
これでフェリーに乗れる。

私の隣には、お母さんのリックをしっかり掴む
(^0_0^)お父さんの姿がありました。

(゚.゚)?なんか付いてる?
振り返る奥さんに(^0_0^)笑顔!のご主人。
(^0_0^)「置いていかれると帰れないから。」
弥山に登られたようで杖を持たれていました。

行列が前に進むと(゚.゚)? 
離れてなるものか?
前を行く奥さんのリックを掴んで・・・・?
すっごい夫婦愛ですよね。

ご主人は、奥さんのリックから出ている紐を掴んでいました。
なんか、わんちゃんのお散歩みたい?
 (^0_0^)ご主人の笑顔が素敵でした。

登山の帰りに国民宿舎で入浴して帰るところだそうで、
もう!汚れたそうです。

改札を通った時、PM9:35発に乗船できる?
と思ったら・・・・乗せてもらえなくて、
次の便に乗船しました。(^^ゞ 

桟橋に到着しても、暑いから最後に降りました。
フェリーの2階、クーラーの効いた部屋で
イスに座り持参したポカリを飲んで一息!
隣の席は?行きと同じアベックが座って来ました。
(゚.゚)?こんなことってあり?

ソフトクリームが食べたくなって、
広電宮島ガーデンへ行き、抹茶ソフトを食べました。
(^O^)v おいしかった。

JR宮島口では、
広島方面と岩国方面は並ぶ列がちかうのです。
PM22:10頃 並びました。

駅のホームへ着くと電車が待っていて、
飛び乗れば待つ事もないのですが (^^ゞ
無理しないことにしました。

1本待つことに決めて並ぶと・・・?
さっきのご夫婦が(゚.゚)? 
フェリーは暑いところにいて、一番に下船されたそうです。

あら、私、(^O^)vラッキーみたい。
おまけに、ソフトクリームまで食べちゃった。

電車に乗ると(゚.゚)? 
脚立と三脚を持ったおじさんトリオが乗ってきました。
兵庫から朝8時に出て車で来られたそうです。
隣の駅に駐車しているとか。

鳥居の正面1本で写真は撮られるようで、
私がいたあの位置にカメラ構えていた人でした。

なんか早い?(゚.゚)、
何回も通っていると近道を覚えたそうです。
松大汽船の列の所から、
横切って「すいません」JRの列に並び替えて・・・凄い!

時には、潮が満ちてきて、
膝まで浸かって写真を撮ったこともあるそうです。
撮影場所の確保も大変なようです。

明るさ、タイミング、何回もやらないと・・・

(^^ゞ 「平松茶屋なんかいいですよね。」
何気なく聞いてみたところ?

以前は8千円、今は1万円なんだそうです。
要予約!しっかり稼いでいるようですね。

私とおそろいの花火大会のうちわを持っていて、
(゚.゚)?今年はPM2時頃配ったそうです。

(゚.゚)すっごい人で、いつの間にか?
電車は満員になりました。(^^)/~~~

横川駅で乗り換えして、
可部線のホームは・・・たくさんの並びきれない人

広島駅から来た電車は、すでに満員!
なんとか電車に乗り込んで・・・

駅で降りるのも一苦労!
(^o^)丿「降ります!」なんとか帰って来れました。
時計を見ると、、、PM23:30頃でした。

すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

毎度(^○^)ありがとうごさいます


 (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください


食事 田利のお米はおいしいよ♪ http://tari-4970okome.sakura.ne.jp

(^^)/ ジョギング気ままにGO! http://kimamadeok.exblog.jp
エキサイトブログ開設しました。
旅の思い出情報!楽しみ方をご案内してゆく予定です。

メイドさん
ぴかぴかいらっしゃいませ! 桜 1号店 鳥2号店  

  
ミズノ公式オンラインショップ

たぬきをクリック(^_-)
たぬき



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪




 寄鍋もどき * これが私の生きる道 * 11:19 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:19 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ