<< 毎日をひんやり過ごそう | main | 捨ててこそ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

宮島へ行きましたL鏤嚇仍

 

(^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿



(^○^)いらっしゃいませ!★
カップ


受付案内 成行ストーリー総合案内はこちらです。


ぴかぴかいらっしゃいませ! 桜 1号店 鳥2号店  

食事 田利のお米はおいしいよ♪ http://tari-4970okome.sakura.ne.jp

(^^)/ ジョギング気ままにGO! http://kimamadeok.exblog.jp
エキサイトブログ開設しました。
旅の思い出情報!楽しみ方をご案内してゆく予定です。

(^○^)いらっしゃいませ!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき

りんご線


 
宮島に行きました(^o^)丿 弥山登山(大元コース)
 気になる方はお問い合わせ≫ (社)宮島観光協会 http://www.miyajima.or.jp
大聖院はこちらです≫  http://www.galilei.ne.jp/daisyoin/

(゚.゚)?ゆっくりじっくり楽しんでいたら・・・
お昼になりました。
宮島伝統産業館の前を通り、 
(しゃもじ作り、紅葉饅頭つくりが体験できます。)
宮島体験観光なびはころら≫http://www.21-taiken-kankou.com"

水族館の前に到着しました。13時頃でした。

(^o^)丿 宮島水族館生まれの
フンボルトペンギンのテルちゃんが
1日に2〜3回仲間とお散歩するので有名なところです。

写真もOK!触れるんですよ。
テッポウ魚の実験やアシカショーがあるし、
カワウソもいますよ。

(^^ゞ 日陰を見つけて、お弁当をいただきました。

しか 
原生林を歩いていて鹿の親子発見!
なんか?もっとわかりやすい道だったのに・・・?

草木が茂っているから・・・
木陰の林の中を歩くような道です。

歩いていて?
本当にこの道でいいのかな?思いました。

うぐいすが「ホーホケキョ!」鳴いています。

すれ違うのは外人さんの
親子連れやアベックばかりでした。

ここは日本なのに!

まず外人の若いお兄さん風の男性が
黙って通りすぎました。
女性は「こんにちは」笑顔で挨拶してくれました。

途中!歩きたくない
外人のお母さんに出会いました。
ご主人と子供が付き添っています。

私と出会って歩き出されました。

カラスが鳴いていました。
はじめて一人歩きの日本人男性とすれ違いました。
ラジオさげた男性とすれ違いました。

(・o・)宮島のカラスは神の使い!
厳島神社建立のお手伝いをしたそうです。
弥山には雌雄の“おがらす”が棲んでいると言われています。
宮島の神事“御鳥喰式”のカラスで、
子供に“御鳥喰式”のやり方を伝授して
熊野に帰ると伝えられています。


杖を持った、日本人アベックと出会いました。
もみじ谷から登って、大元公園に降り、
国民宿舎『杜の宿』で入浴されるそうです。

入浴料金は、¥500です。
(AM10時〜PM17時)タオル有料
「私は下り、30分!まだ半分ですよ」

(^^ゞ 教わりました。
大きな岩がごろごろあります。

アブでしょうか?ブンブン(゚.゚)?
汗の匂いで寄ってくるのでようか?

神様島ですから死ぬことはありません。
宮島にはお墓がないと聞いたこともあります。
長く来ていなかったせい?

なんか道が随分違う気がします。

般若心経を読むと音が響いて
気持ちいい岩があるとか聞いたような記憶が・・・

風吹き岩で3人グループに出会いました。
ご夫婦とお母さんのようです。

毎週来られているそうです。
祠が飛んで風穴になったとか
クーラーのような涼しい風が吹いていました。

看板はありません。
小さなお稲荷さん(狐の置物)と
籠にお賽銭を入れるようになっていました。

  岩屋大師があると教わりました。
看板を見つけましたが、戻るようなのでパスしました。

(・o・)弘法大師がこもって護摩を焚いたそうです。
昔は布団もあったとか。
今は、誰もいないそうですよ。

少し歩くと、ラジオの声が、
上から笑顔の素敵なご夫婦か杖を持って降りてこられました。

「ハクション」女性は風穴で、
大きなくしゃみをされていました。
風邪ですかね?

しばらく歩くと、石の上に座って、
休まれている男性に出会いました。

私の足も疲れてきたようで、
滑ってコケそうになり、木の枝を掴みました。
葉っぱをちぎってしまいました。

(^^ゞ 漆じゃなくてよかった。
かゆくなりませんでした。
動けなくなったら携帯で
助けを呼ばないといけないですよね。
非常食と水(ポカリスェット)は必需品です。

すこし展望がよくなって海が見えました。
風が気持ちよくふいています。

なかなか歩きやすい道です。
もう少しかな・・・?
大聖院からの道との合流地点、
通行止めの箇所がありました。

奥の院ではなくて、
弥山頂上展望台に行く道を選びました。

道は落ち葉が積もっています。
コケが生えて湿気がすごい。

以前綺麗だった歩きやすい道は、
ひび割れて、所々隆起してがたがた箇所もありました。

大日堂への階段も、
いつ壊れてもいいような石の階段で、
途中の手すりも壊れていました。

お堂もなんかゆがんでいる?
この道、通っていいのかな?って感じの道でした。
干満岩(潮の満ち引きにより穴の水位が変わるんですよ。)
がありました。

(^o^)丿弥山には門限があって、
江戸時代、仁王門よりの山頂は、午後2時以降は、
天狗の祟りがあるので禁止されていたそうです。


ちょうじょう
弥山展望台には、店番の男性が・・・?
(゚.゚)暇そうでした。
「ここは、休憩所だから、休んでゆきなさい」
声をかけてくれました。

県が所有する施設なのだそうです。
トイレは水洗です。

いつもは、「山頂なのに、こんなところにも鹿がいる」
出会うのですが?鹿いませんでした。

 ポカリ¥300 アイス¥200 でした。
うどんもありました。
自販機もありました。

以前来た時は、女性(おばちゃん)が2人いて?
おでんもあったような気がしました。
いい匂いがしていました。

日本人は夕方下山するのに、
外人さんは、夕方に多く来られるそうです。
毎朝、9時頃に70代の男性が一人、
60代の男性が一人通って来られるそうです。

2年位前に4000回登頂!
で新聞に掲載されたと教わりました。



すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

毎度(^○^)ありがとうごさいます


 (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください


食事 田利のお米はおいしいよ♪ http://tari-4970okome.sakura.ne.jp

(^^)/ ジョギング気ままにGO! http://kimamadeok.exblog.jp
エキサイトブログ開設しました。
旅の思い出情報!楽しみ方をご案内してゆく予定です。

メイドさん
ぴかぴかいらっしゃいませ! 桜 1号店 鳥2号店  

  
ミズノ公式オンラインショップ

たぬきをクリック(^_-)
たぬき



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪


 

(^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿



(^○^)いらっしゃいませ!★
カップ


受付案内 成行ストーリー総合案内はこちらです。


ぴかぴかいらっしゃいませ! 桜 1号店 鳥2号店  

食事 田利のお米はおいしいよ♪ http://tari-4970okome.sakura.ne.jp

(^^)/ ジョギング気ままにGO! http://kimamadeok.exblog.jp
エキサイトブログ開設しました。
旅の思い出情報!楽しみ方をご案内してゆく予定です。

(^○^)いらっしゃいませ!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき

りんご線



最近は、半分が外国人観光客なのだそうです。

英語を上手に話されていました。

「ゴミはお持ち帰りください」書いても、
言っても効果ない!

それどころか大自然の中に捨ててくれて
後で拾うのが大変なのだそうです。

ごみを持っているのを見つけたら、
声を掛けて回収するのだと教わりました。

午後4:30まで、奥の院まで車入れて、
ゴミを下へ持って降りるそうです。

本堂と霊火堂と三鬼堂へ行きました。
(・o・) 三鬼堂は、鬼の神を祀っています。
家内安全。商売繁盛のご利益があるようです。
虚空菩薩の化身・大日如来の化身・不動明王の化身
の三鬼神が祀られ、全国の天狗達が集まり、
神通力をもって生きとし生けるものを加護しているそうです。


霊火堂は、火事になって新しく立て替えられました。
(お坊さんが落葉を焼いて火事なったとか)
弘法大師が806年に開創し、
100日間の求聞持の修法を行ったそうです。

この時の修法の火を一度も消すことなく
今に伝えるのが「消えずの火」です。
大茶釜の霊水は、“万病に効く”といわれています。
お湯を飲むことができます。


三鬼堂はいい風が通って気持ちがよかったです。

お線香をあげ、
お経本があったので読誦しました。
本堂でも、お線香を上げてきました。
外国みたいな太くて長いお線香でした。

市販のお茶のペットボトルが販売されています。
¥300でした。
自販機ではなくて、人もいなくて、
おつりもとれないし・・・買えませんでした。

弥山の7不思議があります。
霊火堂 (消えすの火です)
錫杖の梅(不吉なことがあれば咲かないそうです)
弘法大師のたてかけた錫杖が梅ノ木になったそうです。
曼荼羅岩 巨大な岩に弘法大師が彫った?
文字が・・・?立ち入り禁止です。
干満岩(穴の水が潮の干満で変化します)
時雨桜(地面が通り雨?のように濡れているそうです)
・・・枯れてしまいました。
龍灯杉(不思議な光が現れる)
・・・・枯れてしまいました
天狗の拍子木の音 深夜に聞こえるそうです。

話していたら、午後4時を過ぎました。
ロープウェーで降りると¥800です。

「ばからしいから、もみじ谷から、
1時間位、歩いて帰りなさい。」言われました。

待って入れば、車に乗せて・・・とも
言っていただいたのですがね。
ここまで来たら、自力で下山しようと決意しました。

後で調べたらロープウェーの片道 
料金は¥1000でした。(゚.゚)?

ロープウェー乗り場の看板に従って道を歩きました。
途中の道を修復工事しているおじさん2人
「ごくろうさまです」声を掛けました。

(^0_0^)「あんたが、次に来るときには
綺麗になっているから・・・・」
「しょっちゅう来なきゃ駄目だよ!」言われました。

歩いて行くと分岐点があり、
紅葉谷への看板が・・・従って下りました。
16時20分頃です。

私が道を歩き始めるとセミの大合唱がはじまりました。
「とにかく下に行く!明るい方へ歩く!
神様の島だから死なない!」大丈夫!
人にも、鹿にも出会いませんでした。

途中!歩きたくなくなった頃・・・(^_^;) 
30分位歩いた時ですかね、

「野宿しても、明日の朝になれば
通行人に発見されるんだ!」なんて思いました。

非常食を食べてじっとしている・・・?
出来ない!水の音が聞こえてきました。
川が流れています。
「歩くしかない、もうすぐだ!」足

立て札をみて・・・・あと何キロ?  
紅葉谷で鹿を発見しました。
「付いてきても、食べ物ないよ」(^_^)/~
ロープウェー乗り場へ続く道に出会い
 (^^ゞ 人が歩いていました。

(・o・)伊藤博文は、弥山(三鬼堂)への信仰が厚く、
登山道の整備をしたそうです。
紅葉谷で伊藤博文は茶店でお茶を出す少女の手を見て、
「もみじのような可愛い手、
焼いて食べたらおいしかろう」
と言ったのがヒントになり、
老舗旅館 岩惣の女将が菓子職人に作らせたのが
もみじ饅頭の始まりだそうです。


もみじ谷へ到着、うどん屋さんの前には池があり、
大きな鯉が泳いでいました。

“砂を入れないで下さい
”と書かれた札が・・・いろんな人がいるようでね。
桟橋への道は、鹿のふんが時々落ちていて、
鹿がお散歩していました。

今日は水曜日なので、
お休みのお店も多いようです。

桟橋のキヨスクには1個売りのもみじ饅頭がありました。
待合室のイスに座って、アイスモナカを食べました。ホッ!
見渡すと、四季の宮島の景色が・・・

(^^ゞ 厳島神社の宮司さんが・・・神社を守ろうと、
台風の時に大活躍したあの!
感動的な映像は?ありませんでした。

すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

毎度(^○^)ありがとうごさいます


 (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください


食事 田利のお米はおいしいよ♪ http://tari-4970okome.sakura.ne.jp

(^^)/ ジョギング気ままにGO! http://kimamadeok.exblog.jp
エキサイトブログ開設しました。
旅の思い出情報!楽しみ方をご案内してゆく予定です。

メイドさん
ぴかぴかいらっしゃいませ! 桜 1号店 鳥2号店  

  
ミズノ公式オンラインショップ

たぬきをクリック(^_-)
たぬき



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪



 寄鍋もどき * これが私の生きる道 * 13:58 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:58 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ