<< 清く正しく美しく 粥檻 | main | 煙の香り >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

清く正しく美しく 粥檻

 

(^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿



(^○^)いらっしゃいませ!★
カップ


受付案内 成行ストーリー総合案内はこちらです。


ぴかぴかいらっしゃいませ! 桜 1号店 鳥2号店  

食事 田利のお米はおいしいよ♪ http://tari-4970okome.sakura.ne.jp

(^^)/ ジョギング気ままにGO! http://kimamadeok.exblog.jp
エキサイトブログ開設しました。
旅の思い出情報!楽しみ方をご案内してゆく予定です。

(^○^)いらっしゃいませ!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき

りんご線


 
清く正しく美しく§^。^§ 粥檻

「清富」の思想 この「徳」を磨け 人生に必ず勝利あり! 
船井幸雄著 三笠書房 より引用しました。

 
<二宮尊徳(^_^)コツコツ働く>


コツコツ働き、
知恵を使って正当な利益を生み出す以外に、人の生きる道はない。


(・o・) 昔の小学校の校庭には、
薪を背負い歩きながら本を読む銅像がありました。
法をよく守った上で農民を指導しました。
「徳の根源を悟れば勤苦に発す」
コツコツ働き、いい仕事をして、幸せを感じる!


戦後、あるアメリカ人が言ったそうです。
「無駄な勉強の仕方だ!仕事か、勉強かどちらかにすればいい」

* 貧しいゆえにやむを得ず
時間を大切に利用して、勉強するということが、
豊かな国のアメリカ人には分からなかったようです。

  (・_・) 銅像の姿
小さな村に生まれました。
祖父のおかげで、田畑を持つ地主の家で裕福でしたが、
大洪水で田畑を失い、父は病弱でお人好し生活能力が・・・?

13歳で父を失い、母と2人の弟を養うために
薪を売って生活費を得る、
苦労の日々を送ったそうです。

朝暗いうちに、薪を採って売りに行き、
昼間は田畑の開墾に従事して、
夜は縄をなったり、ワラジを作ったり、
働き詰めの日々でした。

薪拾いの行き帰りに本を読んだそうです。

貧乏生活脱出のため?
独学で本を読み、学問を身に付けたそうです。

いくら働いても子供のすることです。
母まで貧苦と失意の中で死んでしまいました。
叔父の家に下男のような形でお世話になりました。

昼間は激しい労働が、
そのあと深夜まで書物を読みました。
叔父さんは「農民に学問はいらない、本を読むな」
勉強を禁止したそうです。

叔父さんは灯油の無駄を惜しんでいるんだろう。
灯油を余分に消費することは・・・・愉快ではないんだ。
貧乏なため、損得には敏感で
損をさせてはいけないと思いました。
他人の物や利益を大切に考えたのです。

自分で菜種を蒔いて、
菜種油を収穫し、灯油として利用しました。

 (^^ゞ 二宮家の再興 
他の農夫が捨てた稲の苗を、荒地に植えました。
手塩にかけて育て、米を収穫して・・・・
少しずつ土地を買い戻しました。

 (゚.゚)?鍬(くわ)を隣に借りに行きました
鍬が壊れてしまって、お隣に借りに行きました。
「これから種を蒔こうとしている、
終わらないと貸せない」と言われ、
隣の家の納屋から、鍬を持ち出して、
隣人の畑を耕し、種まで蒔きました。

隣人は、家の仕事もすんで、
鍬も不要になったから、喜んで貸してくれました。

(^_^)自分がその家の仕事をすれば、
相手の利益になり、自分の利益にもなる。
自分も気持ちいいし、相手も喜んでくれるんだ。
 自分が損を覚悟で仕事に励めば、
あとからそれを上回る得を手にすることを学びました。
 

王冠
二宮家は以前に勝る地主に再興しました。

 (^_^)「天の道」と「人の道」  

「天の道」:自然界の道理、善悪の区別はない。
太陽は稲にも雑草にも公平に恵みを与える。
肥沃な土地も手を加えず放置すれば、荒地になる。
人間は、自然を管理し育成する
誠実な努力をしなければならない。

「人の道」:「天の道」に従いながら、善悪の区別をする。
太陽の恵みに従い作物を育てるが、
日照り、洪水のような不要なものは悪です。

人間独特の知恵が加わることです。
人間同士のやりとりには勘違いが生じます。
しっかりした、ルールを作り、善悪の区別をしなければならない。

 (^_^) 服部家の財政建て直し

厳密に帳簿を調べて条件を出しました。
食事は飯と味噌汁に限ること
衣類は絹製品を使わず木綿にすること
無用な遊びごとは一切やめること

* 家族と使用人に誓わせました。

守らなければ、服部家は数年で潰れてしまう。
働く場所もなくなりますよ。

 ご当主に言いました
 「財政が窮乏したのは、ご主人様が財政を省みず、
贅沢のみに心を用いられ、収入を図らずに出費を重ね、
節倹をなおざりにされたからです。」
 


★服部家はつまらないとことで厳格でした
女中が皿を壊すと、皿代を給料から差し引いていたのです。
(人の心を暗くする習慣なので、廃止しました)

☆倹約の徹底をしました。
飯を炊く場合、釜の底の煤(すす)を払うと
薪の節約になります。(火の通りがよくなるのです)
煤払いをするよう言い聞かせました。

余った薪の分量に応じて、
褒美を与えて「やる気」を引き出しました。

 職場の雰囲気の改善!を実践しました
「五常講」をつくりました。
貯蓄をする使用人が現れたので、
わずかな金を拠出させて、共同財産として保管することにしたのです。
(急病にかかったら、そこから費用を出します)

「仁・義・礼・智・信」の5つの徳を守れば、
共同財産を失うことはない。

 \(^o^)/ 服部家再興に成功し礼金!
ご当主から、礼金をいただきました。
使用人たちに分け与えました。
(使用人の理解と協力があったからです)

  (^^ゞ 藩主に気にいられ役人になりました。

 藩主の分家ご領地の復興 
「天の道」地質・自然環境を調査しました。
「人の道」いかに対応させるか考えました。

*農民は他人の不幸を喜び、善い事をねたみ、・・・
役人も無能で農民たちと互いに
憎しみ合う状態で、心が荒れていました。


「厚く仁政を施し、農民が仕事と生活を楽しむように導くべし」
民主的政治を進言しました。

農民として充実した仕事をし、
生活を楽しくする基盤が必要だ!
(気持ちを改革して、きちんと仕事をすれば必ず報われる)

毎朝暗いうちに起き出して
粗末な食事をすませて、1軒1軒の農家を回り、
希望を聞き、米より麦を多く食べること、

トイレは下肥がたやすく利用できるように改善すること、
倹約生活を手取足取り教えてゆきました。

働き者には、鍬(くわ)や鋤(すき)を
与えて表彰しました。
(農民に投票させて、表彰する農民を選んだそうです)

(゚.゚)?高齢のため、人と同じ時間に同じ仕事が出来ない方が、
人が休んでいる間もコツコツ仕事を続けた老人に
褒美を与えたそうです。(人々の勤労意欲を刺激しました)


 \(^o^)/ 再興されました。


働き詰めに働くことは?余暇も大切です!

コツコツ働き、いい仕事をしてこそ、
人間は幸福感を味わえるようです。

じゃがいもの芽 清く正しく美しく 目次 ≫

すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

毎度(^○^)ありがとうごさいます


 (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください


食事 田利のお米はおいしいよ♪ http://tari-4970okome.sakura.ne.jp

(^^)/ ジョギング気ままにGO! http://kimamadeok.exblog.jp
エキサイトブログ開設しました。
旅の思い出情報!楽しみ方をご案内してゆく予定です。

メイドさん
ぴかぴかいらっしゃいませ! 桜 1号店 鳥2号店  

  
ミズノ公式オンラインショップ

たぬきをクリック(^_-)
たぬき



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

 寄鍋もどき * 清く正しく美しく * 17:57 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 17:57 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ