<< フードフェスタの神楽 石見重太郎 <ヒヒ退治> | main | フードフェスタの神楽 すっごい大蛇 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

大元神社と塵倫?の関係は・・・?

大元神社と塵倫?の関係は・・・?
2012年1月20日 大元神社の百手祭に行ってきました。


大元神社の例祭は、毎年1月20日「百手祭」御弓神事があり、式典後の直会では御神酒と戦国時代の兵士の食事?(野戦料理)「餝飯」(ほうはん)が配膳されます。
大元神社


お弓神事のあと 玉ぐしを御供えし、雅楽が奏上され・・・ 
参列者は御祓いを受け御神酒をいただきました。

 (・・? 御神酒とは本来神様にお供えしたお下がりのお酒を指します。
神様に物をお供えして お参りをすると、神様の霊力がそのお供え物に宿ります。
お酒をお供えしてお祭りをすれ ば、霊力の宿ったお酒、御神酒になるのです。

緊張の瞬間
大元浦の階段から見ると

、§^◇^§「一人でこられた方いらっしゃいませんか」
(^O^)/「私は一人できました」手をあげたら・・・どうぞ!
私は直会でお食事を頂ける券を譲りうけたのです。ラッキー!
大元神社に靴を抜いて上がり 座布団が敷いてある席に座りました。御膳がありました。
「餝飯」(ほうはん)「餝飯」(ほうはん)


宮島の大元公園の中に大元神社があります。
ここは地主の神様が祀られているところです。

本殿は三間社流造りで、玉殿は三殿あり、
創建は厳島神社の御鎮座より古いそうです。
御祭神は 国常立尊(日本書記で創造神)・
大山祇神(日本全国の山を管理する総責任者)
・相殿には佐伯鞍職(宮廷警固の役人)が祀られています。
★厳島神社を593年に 創建したと伝えられています

*厳島神社の御祭神は
スサノオの剣から生まれた市杵島姫、湍津姫 、田心姫の宗像三女神です。

大元神社

愛媛県大三島に日本総鎮守と呼ばれる大山祇神社があります。
http://www.genbu.net/data/iyo/ooyamadumi_title.htm
仁徳天皇の御宇に、乎知命が祖神・大山祇命を祀ったとあります。
『三島宮社記』では、推古 天皇2年。大三島の南東部瀬戸に鎮座し、
大宝元年、現在地へ遷座し、16年の歳月を かけて、社殿を造営。
養老3年(719)に遷宮の儀が執り行われた。・・・
大元神社


「三島宮御鎮座本縁」の古文書の中に書かれてあります。
昔。仲哀天皇の時、異国に塵倫という暴れ者がいて、
我が国の長門の豊浦へ攻め渡って来ました。
直ちに時の朝廷は大山祇神である五代目祭神小千三並に対し戦う事を命じたそうです。
御本殿大元神社

祭神は御神体である神鉾を持ち出し、安芸の霧島(宮島にある大元公園)の浜宮に上陸し、神鉾をうやうやしく奉じることや多数の者は長門に行き異賊を滅ぼすことが出来無事に帰ったそうです。しかし帰ったものの再度異国からこのような事態が起きる事が予測されるので、しばらく霧島に留まったようです。やがて異国から攻めてくることもなく、平穏な世界に戻ったことから祭神は伊予の国へ御帰座したということです。

(^^)/ ちょっと神楽好きの私は塵倫をご用意しました。
塵倫 (琴庄神楽団http://kagura.to/~kinshiyou/
第14代仲哀天皇と従者高麻呂

塵倫
人皇第14代仲哀天皇の御代、新羅国より日本征伐を企てて数万の軍勢が攻めてきた。  その中に塵倫という身に翼があり、黒雲に乗って虚空を自由に飛び回る神通自在の大将軍がおり、国々村里を荒らし、多くの人民を滅ぼしていた。我が国にはこの大悪鬼にかなう者なく、そこで天皇は自ら討伐に向かわれ、従者高麻呂に警護させていたところ、六日目に塵倫が襲ってきた旨を奏したので、天皇は天照大神の御神徳と弓矢の威徳をもって塵倫に立ち向かった。  激しい戦いの末、天皇の射た矢が命中し、塵倫は雲の彼方へ落ちてゆき、数万の敵は退散したという物語です。


決めポーズ

ひろしまフードフェスタの神楽 塵倫パート1(塵倫登場)


登場です

ひろしまフードフェスタの神楽 塵倫パート2(手下と勝負)
塵倫は見事に退治されてしまいました。残るは大親分です。ファイト!
やったー


塵倫の親分と勝負です

ひろしまフードフェスタの神楽 塵倫パート3(親分と勝負)
妖術を使おう


それ!行け

ひろしまフードフェスタの神楽 塵倫パート4(親分復活)
矢がささった

見事に塵倫は成敗されました。喜びの舞が披露されました。拍手拍手拍手

そしてこの出来事を祝うとともに神鉾をお祀りした跡に祠を建て
「大元神社」と呼称された。後に厳島神社の摂社となったそうです。
夜の宮島



JUGEMテーマ:宮島に行こう


 寄鍋もどき * 宮島(厳島)へ行こう * 20:33 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:33 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ