<< 鹿に追われた・・・鬼が島の生活を救う卒塔婆 | main | 広瀬神社の大江山 頑張れ!酒呑童子? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

卯年の決算報告書

気がついたら年が明けて辰年になってしまいました。
いったいこの一年、何をしていたんだろうか?まとめてみました。




医療機関で仕事をしていた私は 失敗するたびに報告書を自ら進んで書きました。
自分自身の反省になるし、認めて改めて次にしないように予防して行こうと考えたからです。そして・・・私の失敗が元で、新しくなる場合に予算をいただき新たな設備ができるようになりました。ただ、年が明けて私の存在は?契約更新にはならなかったんです。
まっ、いいか。

去年の1月にはインフルエンザにもかかりました。タミフルの吸入版のような薬も出されました。熱はそれほど高くなかった、咳が少しあるくらいでした。それも新年会の日でした。そんなこんなで人間関係も?なるべくして正社員の試験も書類でおとされました。

やれやれ・・・3月になりました。有給希望出さないのに休みを入れられて・・・
最後まで通うしかない。宮島にお参りに行き 変な遍路に出会った。

お遍路しているそうなので話を聞かせてもらいました。5憶円もってると言っていた。
でも?どう考えてもおかしい。いつだったか電話がありましたけど行かなかった。
会いたいとも思わなかったし、人気のないところに行きたくないし必要なかった。

震災があり、職場の人が応援に行くようになりました。
私は・・・ただ一人、仕事が終わる日を待つ身分でした。
4月に入り離職票を手にしました。そして、基金訓練でWEBについて勉強しました。
HTML、ジャバスクルプト、PHP 知らなかったいろんなことを学べました。

ウサギと辰の大行進ブログパーツ

[PR]爆笑ツイートなう - ツイワン




そして9月、宮島スタイルというサイトに記事投稿をはじめました。
宮島が好きで通い始めさらに面白くてのめりこんでいきました。
いろんな人との出会いがあり、とても充実した楽しい日々でした。
神楽の写真をためているのですが宮島に通いだして神楽がおろそかになったようです。
秋祭り、大好きな神楽の情報収集、思う存分神楽を楽しもうと思ったのに
なぜか?雨が降り。よく神楽が中止になりました。残念。これでよかった。

そして・・・小林正観さんが亡くなられたと知りショックでした。
本があります。私なりの解釈で記事を書いてみたいと思います。
楽に楽しく生きることを教えてくださった恩師です。講演に行きたかった。
いまでもトイレに絵が飾ってあり SKPのお財布使っています。

あっという間に失業保険もあとわずか、本気で職探ししようと奮闘?
ここはきっと駄目!というところにも履歴書を送付したら・・・採用になった。
試用期間があり、失業保険より手取りが少ない、保険もかけてもらえない。
まぁ、3カ月すれば何とかなるかなって思い通ったのですが?
安い給料で試用期間だけの採用を続けるところだったらしい。
それでも、今まで知らなかった多くの経験ができたのでよかったと思います。

これを機会に神楽をはじめとする記事投稿を再びはじめようと思います。
結局!成行ストーリーは12月に記事をかかなかったのに?
12、982アクセスでした。多くのファンの方が見に来てくださるようです。
ありがたいことです。今の自分にできることを精一杯やってみたいと思います。

結局、肩叩かれて辞めたんですけど、採用試験の結果は営業向きで高得点と言われました。私が出した企画もよかったと評価ををいただきました。職場の人も良い方ばかりで幸せでした。

不思議なことに 仕事やめてまだ間がないんですけど?宮島熱がさめてしまいました。
あんなに好きで通っていたのに?行きたくてたまらなかったのに?なぜ?
きっと、今は思いっきり記事を書く時期なのかも知れません。

レンタルサーバーを借りていろいろためしたのですが今はお金払っていないのできっと?
ちょっといろいろ整理しようと思いました。新たにスタートそれまでお休みです。
また、再開するならワードプレス使うこととか検討します。

神楽 少しだけれど再開して記事を書いて行こうと思います。
今ためているのは、白神社・フードフェスタ・碇神社・・・
まるかんの情報についても更新して 興味のある方にも紹介したいと思います。
かめさん:一歩ずつ歩いて行こうね

12月に入り 施設で療養中の祖母が転んで入院しました。
祖母は今まで何度か入院していて腎臓を手術したりしていました。
今までお見舞いにも行かなかったのですが、父も80歳になり
足腰が弱くなり、車の車庫入れ失敗して車が・・・
何かあったときに親の代わりに出席するように言われお見舞いに行きました。


窓辺にゆれる花ブログパーツ


肺に水がたまり熱が出ていた。90代なのでもしかして・・・
初めてお見舞いに行った時は苦しそうに痰をとってもらっていました。
元日に行った時には 目を開け、声も出せるようになりました。よかった。




祖母を通じていろんなことを今回学ぶことができました。
私の祖母は 新幹線がない時代に広島から千葉まで来てくれた。
行ったこともない、知らない場所に 行く羽目になったから行った。
誰も行く人がいなかったそうです。そして・・・私を産湯に付けてくれました。
いろいろちょこまか活躍されたのでしょう。転んで骨折したそうです。




ある日何気なくテレビを見ていたら?名物おばあちゃんみたいになっていた。
三良坂の直売所に通っている姿がテレビに映っていました。あらま〜
なんか恥ずかしいような、うれしいような、自分ができることをしていた。
家族を喜ばせようと一生懸命だったのでしょう。自分のためというよりも、
「辛抱」っていいながら「しょうがない」っていいながらいつも行動していた。


七輪でサンマや肉を焼いてくれた。おいしい漬物つけてくれた。
おばあちゃんのところに行くと御近所にあいさつ回りに連れて行かれ、
(^0_0^)「よく来たね」行った先でお菓子をもらいました。
手をつないで連れて行ってくれたおばあちゃんはもう歩けない。
笑顔でお菓子をくれたおばちゃんは、もういない。
思い出せば懐かしい、今はもう見られないNHKドラマみたいな時間です。

思い出せばあの頃は?みんなで助け合って生きていた。
御近所で醤油借りたり、お寿司つくったら配ったりしていた。

震災で多くの方が亡くなりました。一人暮らしのお年寄りもいました。
いつ、何が起こるかわからない!そんな時代がやってきました。

おばあちゃんが私にしてくれたこと少しでもお礼が言いたくて
おばあちゃんのところに行くと涙が出た。心が洗われたような時間。

世の中には 生命力が強いとか?いろいろ言う人がいるけれど
生きていてくれてありがとうと私はいいたい。

おばあちゃんの足を触った時、歩けない方のあしは冷たかった。
点滴で青くなった腕、手はきれいだった。

私はおばあちゃんみたいな生き方できない。感謝しています。
私の自慢のおばあちゃんです。母の継母で血がつながっていないけど
何よりも強いきずな握りしめていたいおばあちゃんです。

おばあちゃんのために何ができるか?考えました。
何もできない自分がいました。せめてそれでも何かしたい。

私が思いついたのは 宮島に通っていたから、ミヤジマリンのカレンダーや
宮島のお土産、本日出来立てもみじ饅頭を食べれなくても届けることかな?
せめてつき添いされているいとこに喜んでもらって・・・そのくらいでした。

お見舞いに行った時、長く顔を見ることもなかった従妹と話をしました。
おばあちゃんが生きていてくれたから 話ができました。

帰宅していろんな人に話を聞いていろんな自分に気がつきました。
私は少し年をとり 今やっていることがだんだん面倒くさくなってきた。
仕事も手を抜きながら適当にやっている。それしかできなくなった。

今生きている自分が100万点(^O^)/ 自慢できる自分じゃないな。
今やらされていることを淡々とやるのが難しい。やる羽目になったら
つべこべ言わずに一生懸命 最善の努力を尽くしてやんなくちゃ。
だけど・・・きちんとやることが 人生をまっとうすることなんだ。

気配り、目配り、心配り・・・子供のころ親に教わりました。
いつのまにか忘れてしまった。一番大事なことを思い出した。

(^0_0^) 良寛さんは・・・
自分の口から出てくる言葉は 常に人を温かくするものだったそうです。
人の心を明るくする、安らげる、元気にする、勇気づける言葉を話す。
人とお話をするときには、最後にお礼と感謝を忘れない。

若いころの私は 今でも少し残っていますけど、
「自分の力ですべての物事をやっている」と勘違いしていた。
だから・・・いろんなことが大変になった。
必死でやったら必ずダウンしていた。周りに感謝していなかった。

自分の周りを大事にできていなかった。我が強かった。頑固でした。
年をとって感謝できるようになりました。周りに甘えられるようになりました。
今年は少し、周りから「ありがとう」と言われる自分になりたい。

お正月厳島神社に行きお参りできたことに感謝しました。


ブログプラネタリウム



 寄鍋もどき * 決算報告 * 20:21 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:21 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ