<< ワールドカップを 応援しよう | main | 真言宗の千僧供養へ行ってみよう 厳島神社へGO >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

宮島の伝統工芸を見てみたい 食の方はこちらへGO

千僧供養が行われた11月9日 大急ぎで町屋通りを歩いていたら
なんか幟がでています。第37回宮島特産品振興大会
宮島町に伝わる工芸品の展示 11月6日(日)〜13日(日)
時間 午前10時から午後5時  場所 宮島町商工会館4階
 わかりました。帰りによってきました。

幟見つけた県知事賞

伝統工芸大賞

銅賞宮島産業祭り 11月12日(土)〜13日(日)
場所 宮島桟橋
宮島産業まつりでは、杓子やろくろ細工、
くり物細工など、伝統工芸士の技の粋を集めた
数々の伝統工芸品を集めて紹介しています。

中でも注目なのは、伝統工芸師が技と
個性を披露する製作実演会です。


匠の技を間近で見学することができるまたとないチャンスですよ。
伝統工芸品の見切り品を格安で販売する企画もあるんですって。
宮島ならではの伝統と産業の魅力を心行くまで堪能できそうですね。
行けない人はこちらへ行くのもいいみたいですよ。
(^^)/ 宮島伝統産業会館みやじまん工房 

宮島の厳島神社で結婚式を挙げた方は、宮島彫りのお盆とかを
紅葉饅頭とともに引き出物にされているようです。

千僧供養が厳島神社で終わり・・・
藤い屋さんで出来立てのもみじ饅頭をいただき おいしいお茶を飲んで。
宮島町商工会館4階へ 見に行ってきたんです。

そして そのあとは・・・”ももちゃん”のお好み焼きを食べに行きました。
ひこまろさんだ

ももちゃん”は、お店の前で焼き牡蠣の売っている便利なお店。
お店の中にはサインがある。あまりゆっくり眺めたことなくて?
何気なく写真でも撮ろうかな?って見ていたら・・・
すごいサイン
アトムがある

お店にはアニメに詳しい方がいらっしゃって・・・
(゜o゜) ねぇ、これすごくない。お店の人に許可もらって写真撮っていた。
その業界ではすごい業績をあげられた有名な方なんですって。
今年亡くなられたともききました。そうなんだ。
私は 「宝石箱や!」ひこまろさんしかわからなかった。
ももちゃん家

帰宅後、いろいろ調べたんです 錦水別荘スタッフおすすめ店になっていた。
安彦良和先生などアニメ関係の著名人のサインがあったり、ガンダム学会のポスター (厳島の鳥居とガンダムが並んで立ってる!)があったりします
広島オタクマップに紹介されてました。この人紅葉饅頭60個食べ比べしてた。

私がももちゃんを好きな理由は ひろしまのお好みはうすい生地を焼いて作るんですが
ここのはその生地がお餅みたいなもちもち感があって好きなんです。
それに、宮島って食べるところは値段が高い、どうしよう何処にしよう?
迷いに迷って歩いていると時間が過ぎて開いてるお店が少なくなる。
 そんな時も開いていてどこか家庭的で入りやすいのが”ももちゃん
紅葉の時期にはたくさんのお客さんが行列作っているのを見たこともある。

ポスター見つけてしまったおなかか一杯で超ごきげん
ルンルンしながら歩いていた
いろんなところにポスターがある。
(゜o゜)?きっと彼岸法会で
出会った先生が描いたんだ。

行かなきゃいけないのかな?
どうしよう・・・。

そういえば先日私の所に1枚のはがきが届きました。見てビックリ!
小林正観さんが亡くなられたという葉書でした。10月12日 まだ62歳。
ありがとうと癒し、本を読んで講演会に行きいろいろ教わりました。
心から感謝しております。いただいた宝物を輝かせて生きていこう。

(・・? 十夜法要って何なんだろうか?
10月から11月にかけて全国の浄土宗寺院でひろく行われる 念仏会ですって。
「お十夜」「十夜法要」「十夜講」「十夜念仏」などともいい、正しくは、
「十日 十夜法要」というそうです。もともとは陰暦の10月5日の夜から
15日の朝まで、10日10夜にわたる 法会でした。

この法会は、浄土宗で最も大切な経典の一つ『 無量寿経 』の巻下に、
「この世において十日十夜の間善行を行うことは、仏の国で千年間善行をすることよりも尊い」と説かれていることによって、その教えを実践したもので、
10日10夜にわたり不断 念仏を称えて 別時の念仏を修し、
阿弥陀さまのお慈悲に感謝する法要ですって。

国宝 平家納経が見れる


確か今、嚴島神社 秋の名品展が行われていて
嚴島神社 宝物収蔵庫 10月22日(土)〜11月23日(祝)
展示品目録は・・・
国宝 平家納経 人記品、法師功徳品、妙音品、観音賢経、般若心経他公開中


平安時代後期の長寛2年(1164)9月,平清盛をはじめ,子息重盛,弟経盛・教盛・頼盛など平家一門の人々が一巻ずつ結縁(けちえん)書写して厳島神社に奉納した経典群。
各巻とも金銀の優美な金具で飾られた表紙に,経の大意を描いた美しい見返し絵をつけ,料紙は表裏とも金銀の切りはくをまき,野毛あるいは,あし手を散らすなど意匠をこらしてある。また,水晶の軸に金銀の装飾金具をつけ,螺鈿(らでん)をするなど当時の工芸技法の粋をつくしている。平安時代(794〜1191)に流行した装飾経の最高峰をなすものであり,大和絵(やまとえ)の史料としても貴重である。

法華経30巻、阿弥陀経1巻、般若心経1巻、平清盛自筆の願文1巻
とあったから その中の阿弥陀経(無量寿経)になるのかな?

阿弥陀如来は現世と来世をよりよいものとするように導いてくれる仏。
過去無量劫に法蔵菩薩であったときに、世自在王仏のもとで四十八願を立てて、
修行をし、悟りを得て阿弥陀仏とになり、西方に極楽浄土を建設し教えを説く。
この如来の放つ無量の光明によって、さまざまな苦しみが除去され、
大慈悲心によってすべてが癒されてしまうという。

阿弥陀如来も釈尊と同様に、もとインドの王子でしたが48の大願を立て、
修行の末如来になったといわれます。
 その大願の中に「念仏を行う者は必ず極楽浄土へ行ける」と
説いていて「無量寿如来」とか「無量光如来」(無量=限りない)
とも呼ばれています。

宝蔵菩薩時代に五劫と言う無限に近い間修行して四十八の誓願(無量寿経)
をたて如来となったとされる阿弥陀を信仰する事により救われようとの
考えから成立したものである。
極楽浄土とはこの阿弥陀如来の建立した西方浄土のこと。
・・・といっても私自身がよくわかっていないから聞いてもわからない。

そろそろ紅葉も綺麗な時期になるから ついでに行って来ようかな。

宮島検定
友人が宮島検定を受けてガイドやったらっていうし
平清盛で観光客も多くなるから 
ついでに申し込んでみますかね。
勉強して覚えられるかな?


JUGEMテーマ:1000のだいすき。


 寄鍋もどき * 宮島(厳島)へ行こう * 22:53 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:53 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ