<< ぶらり 宮島さんぽ 大願寺と紅葉はいかが? | main | 空鞘神社の秋祭り 松原神楽団の神楽が見たい >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

けんみん文化祭 さくらぴあにGO

JUGEMテーマ:日記+情報

平成23年10月23日 けんみん文化祭へ行ってきました。
宮島口から広電の電車に乗り、廿日市市役所前で下車して歩きました。
さくらぴあ入口に行列ができていて蒸牡蠣の試食でした。
到着はお昼頃です(・・?神楽の当日券は?
12時30分からの販売で1階2階 席を買いました。
一階のい階段を上がった出窓のようなペア席で 料金は¥1000でした。


 成行ストーリー  目 次 
受付
これが私の生きる道 目次 ≫
神楽大好き!はこちらです≫ 妖術
神社宮島目次≫はこちらから


たぬき 食事 田利のお米はおいしいよ♪
たぬきをクリック(^_-)
http://arigato-39.sakura.ne.jp/arigato.html

ご訪問 (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 龍ライン


けんみん文化祭(さくらぴあ)で神楽見ちゃった!

蒸牡蠣
到着して、行列を見つけました。
蒸牡蠣の試食です。ポン酢はなかった。並んでいたら?
神楽ファンに出会い・・・当日券の販売は?
12時30分からと12:43分頃に教えてもらいました。
隣でおはぎを買いました。隣がやまだ屋さんです。


手焼き体験中やまだ屋さん(・・? 
せっかくだから
”たみおもみじ”
について聞いて
みました。

試食用の桐葉菓を1個いただきました。あら!ラッキー。


(^0_0^) 昨日、厳島神社でコンサートがあったんですよ。記念品です。
絵は奥田民生さん御本人が描かれたんですよ。
 ぶどうもみじ知ってる?今まで土砂災害で取れなかったの。
今年やっと収穫できたんですよ。ピオーネが評判いいみたい。
 
(*^_^*) へぇー、どれどれ?
紅葉饅頭の手焼き焼いている人が写真見に来られました。
ポスターたみおもみじ

帰りのフェリーの中で3箱買っている人を見かけました。売れてる。

きのこ販売
向かいがきのこの販売でした。
よかったらどうぞ。
舞茸のお吸い物です。
いい御出しがでていました。
おいしかった。




コンサート


吹奏楽のコンサートやっていたので聞きにいきました。
そして・・・次は原田真二のコンサートがあるので並びました。
並んでいたら?アンサンブルのコンサートがロビーであって、見れなかった。
入場者が180人を超えて、入場制限があって立ち見でも入れない人がいた。
けっこう今でも人気あるんですね。関係者席の隣に座ったら?
私の隣の方は?神楽団をハワイに連れていく人でした。
 (*^_^*)あの人は原田真二のお兄さんよ。そして中国新聞の人。

大ホール神楽の衣装

最初は栗栖神楽団の頼政(ぬえ退治)でした。

「頼政」 栗栖神楽団(廿日市市)
時は平安時代。頭は猿,体は牛,手足は虎・尾は蛇の「鵺(ぬえ)」を退治せよ
との勅命を受けた源頼政が激闘の末,退治する物語です。


神楽:頼政(ぬえ退治)ぬえです

ぬえ退治

そして、初めて見たんです。琴庄神楽団の”厳島”という神楽。
厳島縁起と厳島神社を建立した平清盛の物語です。
三女神お島巡り

 今から千四百年の昔、須佐之男命を御親とする市杵島姫を含む三女神は、
国家鎮護を願い筑前宗像の地から国の中央をめざして瀬戸内海を東に向かいます。
やがて、気高い山のある美しい島に辿りつき、この荘厳な地に鎮ります。
 その後、この島は厳島と言われるようになりました。
平清盛一族厳島に参拝

それから五百年の後、平安時代も終わり頃、安芸守となった平清盛は
厳島に参拝し、霊験の灼(あらかた)な厳島を平家一門の守護神とします。
このご神徳により清盛は、平家の棟梁から太政大臣という天下人へと大出世し、
平家一門の全盛期を築きました。
大出世

平家一門の全盛期
『清く盛えよ清盛』と育てられ、
天運によって『この世の春』と謳歌する清盛は、
平安建築の粋を極め、
瀬戸内海の風景も取り込んだ
壮大な厳島神社を建立したのです。

陰陽師

陰陽師陰陽師

その頃出世の道々、葬り去った政敵の僧侶・公家・源氏の怨霊が清盛を襲ってきます。 
この怨霊は、陰陽師と清盛の四男・知盛の助力を得て祓うのですが・・・

怨霊に苦しみます怨霊に苦しみます

葬り去った政敵の僧侶・公家・源氏の怨霊
葬り去った
政敵の僧侶・
公家・源氏の
怨霊が・・・
清盛を襲ってきます。



この怨霊は、陰陽師と清盛の四男・知盛の助力を得て祓うものの、
清盛は次第に熱病に侵されてゆきます
怨霊が・・・怨霊が・・・

怨霊が・・・怨霊が・・・

清盛は次第に熱病に侵され帰らぬ人となりました。
怨霊と戦います怨霊に負けてしまいました

清盛の死と共に時代は大きく変わり、平家一門は、壇ノ浦で滅亡します。
 その終わり、清盛の妻・二位の尼時子は、幼き安徳天皇をかかえ
『波の下にも都は候ぞ』の言葉と共に入水します。
 数年の後、時子の骸(なきがら)が厳島の岸へ流れ着きます。
 清盛の魂は、厳島の朱色の鳥居を背負い、時子を待っていたのでした。
昇天します

拍手拍手凄い神楽でした。拍手拍手拍手


羊線


みんな幸せ(^○^)ありがとう

今日はいい一日です。  (^o^)丿 人に親切にしよう(^◇^)ありがとう感謝します


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

メイドさん
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション
食事おいしいね(^○^)感謝します!★  
(^○^)毎度ありがとう!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき田利の“こだわり米”



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪




(^O^)/ もみじ饅頭の手焼き体験
やまだ屋さんのHPに紹介がありました
http://momiji-yamadaya.co.jp/shouhin/teyaki.html
 寄鍋もどき * 神楽大好き * 07:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 07:06 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ