<< 厳島神社の氏神祭りでお餅つき | main | 久保山神社の神楽 塵倫 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

久保山神社の虎退治 子供も逃げる怖い虎

JUGEMテーマ:日記+情報

10月1日は 久保山神社の秋祭りでした。広島の神社で島根の神楽が見れる。
なんかワクワク!ドキドキ・・・下見に行きました。
場所がちょっとわかりにくい神社なんです。神楽は石見神楽<長澤社中>でした。

 成行ストーリー  目 次 
受付
これが私の生きる道 目次 ≫
神楽大好き!はこちらです≫ 妖術
神社宮島情報≫はこちらから

久保山神社の秋祭り 
弁慶牛若丸と恵比寿舞
たぬき 食事 田利のお米はおいしいよ♪
たぬきをクリック(^_-)
http://arigato-39.sakura.ne.jp/arigato.html

ご訪問 (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 龍ライン


久保山神社の神楽 加藤清正の虎退治
登場:南無妙法蓮華経の旗を持っています

加藤清正の虎退治の伝承は、朝鮮に出兵した際に
小姓の上月左膳(一説に男色の愛姓)が虎に喰い殺されて怒った清正が、
虎の群れを襲い片鎌槍や十文字槍で討ち果したというものです

小姓の上月左膳
虎だ
虎です

スピーカーから大きな虎の声が響きわたりました。迫力満点!声だけで怖い。
虎が近づく身が軽い

よく見ると着ぐるみの虎なんですけど、身が軽い。声が大きいんです。
虎が狙います吠えました

きゃー!大変。はやく逃げて・・・虎に襲われる
あら?大変虎に襲われました

大丈夫かな?虎と戦っています。すごい虎です。
虎と戦いますすごい虎です

わー!会場に虎が飛び込んできました。みんな大騒ぎ!隣の子供が逃げた。
虎がきた抱きつかれた

(・・? あら、虎の靴下が・・・同じような虎模様にしているんですね。
虎の靴下は?縞模様本殿に虎登場

神社の本殿にも虎がきました。怖いけど大喜び。子供が戦います。
あら・・・僕頑張れ!

虎ですギャー!襲われる

再び虎がやってきました。隣の僕は?また逃げた。怖いそうです。
(*^_^*) 中身はおっさんだよ。頭ハゲかも知れないよ。チャンス!
シッポ引っぱっておいでよ、触ってみなよ・・・オロチはこわくないけど虎は怖い。
虎だ戦います

わーっ!大変・・・虎に襲われる。虎に喰われてしまいました。
虎に襲われた人食い虎です

怒った加藤清正は虎と戦います。隣の子が「ああよかった」(・・;)
怒った加藤清正
加藤清正の登場に・・・ホッ!
子供は加藤清正を応援します。
(・O・)頑張れ!

こんな神楽見ていたら
会社で部長にどなられても大丈夫
毎年見ていたら?怖くないのかな


虎と戦います
虎は飛びかかる
虎に立ち向かいます
虎に立ち向かいます。
矢が虎にささりました。
みんな応援しています。


やったー!やりでひとつき
虎にささります虎は退治されました

加藤清正は、朝鮮の民から“犬・鬼(幽霊)・上官(清正)”と恐れられました。
国内を統一した豊臣秀吉は次に明・朝鮮を平定しようと、文禄の役・慶長の役と、
二度も、加藤清正ら陸軍十三万、水軍九千を朝鮮半島に向け出陣させた。
向かうところ敵なし、破竹の勢いで進軍、京城を陥落させる等戦功を立てた。
しかし、朝鮮半島では、虎が日本軍を悩まし、清正の軍にも犠牲を出した。
清正は、頼朝の富士の巻狩にならって虎狩りをおこなったそうです。

明の軍勢とたたかいます
大勝負です
激しくにらみ合う

激しくにらみ合います。いざ!勝負、勝負、勝負合戦・・・
勝負勝負
勝負勝利です

加藤清正の勝利です。わー!すごい。実に面白い神楽でした。拍手
拍手拍手拍手いいもの見せてもらいました。拍手拍手拍手拍手拍手拍手


羊線


みんな幸せ(^○^)ありがとう

今日はいい一日です。  (^o^)丿 人に親切にしよう(^◇^)ありがとう感謝します


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

メイドさん
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

食事おいしいね(^○^)感謝します!★  
(^○^)毎度ありがとう!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき田利の“こだわり米”



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪





 寄鍋もどき * 神楽大好き * 18:40 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:40 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ