<< 五日市八幡神社の秋季奉納神楽 | main | 久保山神社の秋祭り >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

宮島の氏神祭りに行ってみよう

JUGEMテーマ:日記+情報

杓文字神輿10月15日は宮島の氏神祭りです。
宮島桟橋に御神輿が展示されていました。
観光協会のHPには?餅搗き唄があるようです。
なんか楽しそうですよね、行ってみようと思います。
宮島 厳島神社 氏神祭
氏神祭



 成行ストーリー  目 次 
受付
これが私の生きる道 目次 ≫
神楽大好き!はこちらです≫ 妖術
神社宮島情報≫はこちらから


たぬき 食事 田利のお米はおいしいよ♪
たぬきをクリック(^_-)
http://arigato-39.sakura.ne.jp/arigato.html
ご訪問 (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 龍ライン


しゃもじ神輿(氏神祭り)へ行ってみよう
しゃもじ神輿
前日の14日(土)に、
宮島餅つき歌や
三味線の音を背に、
町民や観光客が
紅白のもちをつき
盛り上がるらしい。

 餅搗き

(・・? 杓文字みこしだ
10月15日は 宮島の氏神祭です。かつては数々の催しで賑わいましたが・・・
そこでもう一度町民の祭りとして盛り上げようと有志の者が話し合い
実現したのが 神輿担ぎです。古くから宮島の暮らしにかかわり深いしゃもじ
(杓子)をとりあげ、総けやき材による優美なしゃもじ神輿がここに誕生しました。


薬師堂10月8日は
薬師堂の縁日です。
15時頃からお経を
あげられるそうです。

御掃除をしよう
と行きました。



存光寺は要害山の麓にある曹洞宗の御寺です。
約300年前に出雲の一畑薬師から十二支人を持ち帰って開いたと伝えられる
薬師堂があり、目の不自由な人に対してご利益があるとして信仰されている。

 
あれ?御住職が埃だらけだから・・・お堂を開けてくださるはずなのに?
扉が開いていません。今日は午前中は写経の日と言われてました。
まぁ、そのうち来られるでしょうと掃除を始めました。
烏が様子を見に来ました。猫も様子を見に来ました。
猫は現在4匹いるそうです。そして・・・・
猫が保健所に?保護してここに放した人がいた。

(・・? ネットで調べていたら・・・存光寺で見た 白狸 
http://meran21.blog.ocn.ne.jp/meran21/2008/06/78_548d.html
私は狸は3匹捕まり保健所に行ったという話を聞きました。


来年 大河ドラマで”平清盛”があります。 松山ケンイチin宮島
二位の尼
二位の尼伝説 平時子
宮島の桟橋から厳島神社方面へと続く
「有の浦」と呼ばれている海岸の通りに、
大きな石灯籠が建っています。

二位尼は、平清盛の奥さん(時子さん)
清盛が病気で死んだあと、源頼朝との決戦を
決断し「壇ノ浦の戦い(1185年)」に敗れ、
子供とともに入水された。(海に身を投げた)

その時の屍が流れ着いたのが
宮島と言われ、灯篭が立てられた。
二位尼のために阿弥陀堂を建て、
二位尼の木像と位牌を祀りました。

二位尼の木像は 資料館で展示予定です。

「有の浦」(別名「二位尼洲」呼ばれていました)


神泉寺(しんせいじ)は、二位の尼を弔うために建てられた寺で、
光明院の隣にあったのですが、明治初期に廃寺になったそうです。
宮島の井戸を掘り起こし、杓文字を宮島の産業に発展させた誓真が
生活の拠点として修行した寺でした。

水天宮 赤間神宮
壇ノ浦の戦いで安徳天皇は二位の尼(平時子)に抱かれて入水された。
遺骸は下関と彦島を隔てる小瀬戸に漂着したようです。
漁師中島家の漁網によって引き上げられ阿弥陀寺境内に葬ったそうです。


有の浦
灯篭
近くに宮島に戻って
老夫婦が頑張っている
きよもりうどんがあります。
(あさりうどんが有名?)


猿回し10月2日大願寺の前を通ると猿回しがありました。

宮島はシンバルを持った
お猿のおもちゃ発祥地。
芝居を猿が見ていたらしい。



食事を終えて再び存光寺の掃除を再開しました。猫が見に来ました。
存光寺は、要害山の麓にある曹洞宗の御寺です。上には今伊勢神社があります。
約300年前に出雲の一畑薬師から十二支人を持ち帰って開いたと伝えられる
薬師堂があり、目の不自由な人に対してご利益があるとして信仰されているようです。

薬師堂の扉は?開いていない。境内の御掃除を続けました。
15時近くなり、御住職が来られました。鍵は開いていたそうです。
掃除機をかけ、薬師堂のお掃除をさせていただきました。
花を飾り、蝋燭に火を灯し、御線香をあげました。
薬師堂は約300年前に出雲の一畑薬師から十二支人を持ち帰って開いたと
伝えられる御堂です。 毎月8日は薬師如来の縁日で、「ようかさん」古くから
「目のやくし」「子どもの無事成長の仏さま」として信仰されてきました。
子供が、身心ともに健康で成長するよう、人生に目が出るよう
ご祈願するところでもあります。


住職がお経をあげられました。御住職はこの後御葬式に行かれるそうです。
お経を聞いたのは私一人、来月は一人でも多くの人に御参拝頂けるようにしたい。
せっかくの歴史ある御堂の御薬師様ですから・・・
そして・・・まだまだ掃除が終わらない、隣の家の草むしりと裏もあるそうです。
座禅会のある第二水曜日の朝からとりかかろうと思います。

存光寺座禅会 http://maru1033.exblog.jp/13004783/
日時 毎月 第2水曜日 午前10時から 
場所 広島県廿日市市宮島町 存光寺 (港より徒歩3分)
参加費 1000円 座禅の後お抹茶を頂きます。   
お問い合わせ 文殊会(もんじゅかい)代表 高岡達子 電話080(6310)7991
http://www.ikkandou.com/miyajima.html


いろいろネットで存光寺を調べてみました。

篠笛 http://www.ikkandou.com/index.html
存光寺の隣に住んでおられるようですね。まだお会いしていません。

移動演劇さくら隊 
演劇関係者が疎開していた宮島の存光寺に移り敗戦を迎えました
http://www3.famille.ne.jp/~kodayo/genbaku/sakuratai.htm
(・・? 境内には石碑があり、誓真さんの石碑と交互にお祀りしているようです。
ロクロ技術が伝えられたのは嘉永年間(1848年〜1853年)と言われています。
当時は手回しロクロでしたが、明治20年代に足踏み式ロクロが開発され、
ロクロ細工はその後の技術改良とも相まって急速に発展していきました。
明治末期から大正時代にかけては、全国からロクロ技術を学びたいという職人が
宮島に集まり、300人近いロクロ師が腕を競い合ったそうです。
ロクロ関係の石碑だと思ったのですが?違ったのかな??

存光寺で見た 白狸 
狸を捕獲する罠がしかけてあり3匹捕まった話は聞きました。
白い狸だったという話はまだ聞いていません。

(^_^;) なんか鹿の声がして・・・見たら?
お地蔵さんに御供えしてあったみかんを 鹿が食べた。
猫の世話係りの人がひしゃくの水を鹿にかけて追い払いました。
お地蔵さんってけっこう高い位置にあったのに、すごい鹿です。
 お地蔵さんの御掃除もさせていただきました。

なんか?どうでもいいようなことしてる私ですけど 幸せ!
人の役にたって「ありがとう」言われるようになれました。

薬師堂の縁日がおわり御寺を出ると?一人の男性に出会いました。
宮島土曜日講座の帰りだそうです。
http://www.it-hiroshima.ac.jp/news/2010/08/post-567.html
いろいろ話をしていて仲良くなり、車で送っていただきました。
ラッキー!観音様の御導きでしょうか。ありがたいことです。



羊線


みんな幸せ(^○^)ありがとう

今日はいい一日です。  (^o^)丿 人に親切にしよう(^◇^)ありがとう感謝します


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

メイドさん
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション
食事おいしいね(^○^)感謝します!★  
(^○^)毎度ありがとう!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき田利の“こだわり米”



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪



 寄鍋もどき * 宮島(厳島)へ行こう * 11:09 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:09 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ