<< 長束神社の若宮祭 長束太鼓がうれしいね | main | 榎町の恵美須大祭 神楽 葛城山(土蜘蛛) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

榎町の恵美須大祭 神楽:戻り橋

JUGEMテーマ:日記+情報

ポスター2010年11月6日、榎町の恵美須神社例大祭です。
開運招福、商売繁盛、家内安全
神楽には大勢の観客が集まっていました。
羽佐竹神楽団が近くの本川小学校で子供に神楽を教えています。
子供は神楽が大好き!そのせいもあって多くの人が来られていました。

 成行ストーリー  目 次 
受付
これが私の生きる道 目次 ≫
神楽大好き!はこちらです≫ 妖術
神社宮島情報≫はこちらから

榎町の恵美須大祭
子供神楽とえびす舞≫ 

たぬき 食事 田利のお米はおいしいよ♪
たぬきをクリック(^_-)
http://arigato-39.sakura.ne.jp/arigato.html

ご訪問 (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 龍ライン


榎町の恵美須大祭り(神楽:戻り橋)はもう最高だ!
(^^)/ 次は羽佐竹神楽団”戻り橋”です。

平安中期、京では長雨・悪疫・盗賊が横行して不穏な世相が続いていました。
一条戻り橋付近には鬼が出る 街行く人は恐れ夕方になると外に出ようとしません
傘売り善兵衛さんの前にお婆さんが現れました。

傘売り善ベエさん
お婆さんに出会いました

雨が降る日でした。お婆さんに傘をわけてあげました。
お婆さんと帰る方向が一緒。最近はぶっそうで・・・送ってくださいと言われ
善兵衛さんは断れない。 まだですか?まだまだ。まだですか・・・
このあたりは鬼が出ると噂されている場所です。まだですか・・・・・?


なんか?変です
まだですか?

あれれ・・・お婆さんは鬼(茨木童子)でした。善兵衛さんはたまげた!
鬼になったお婆さんは鬼でした

こうなったらこの傘で鬼と勝負するしかありません。
鬼と勝負
大江山の鬼(茨木童子)は、夜な夜な羅生門の戻り橋に現れては悪行の数々を重ねていたので、時の武将(源頼光)は四天王の一人渡辺綱に鎮圧を命じました。
渡辺綱は早速京の都 羅生門戻り橋へ赴いたところ、老婆(茨木童子の化相)が傘売りを襲っていたのです。



善兵衛さん危うし!そこへ四天王:渡辺綱が登場します。
善兵衛さんは怖くて・・・逃げました。
お婆さんは鬼でしたこわいよ〜どうしようちょっと?何してんの??
渡辺綱登場

鬼との勝負渡辺綱です

あら・・・茨木童子に酒呑童子が加わり鬼が2匹になりました。
あら?酒呑童子が加わり鬼が2匹になりました
鬼は妖術を
使うようです。
渡辺綱さんは
2匹の鬼相手、
大丈夫でしょうか?
妖術を使おう妖術をかけました

鬼の妖術に苦しみます
坂田金時登場


四天王:坂田金時が現れました。よかった。
鬼との勝負鬼は逃げ出すようです

鬼に勝負!挑みます。こりゃたまらんわ・・・鬼は逃げ出すようです。
おっと!こりゃたまらんわ

わーっい!鬼がやってきましたよ。みんな大喜び !(^^)!
わーい! 鬼がきた


神楽の会場(駐車場)は大勢の人でした。すごいでしょ。
ちょっとさわりに行って来よう
鬼はこわいけど
縁起ものです。
大人気!

縁起ものだけに大人気ですわーい鬼だ


舞台に戻ってきました。しかし・・・勝負!鬼は妖術を使うようです。
舞台に戻りました
勝負!妖術を使おう

妖術をかけました。わー!大変です。
鬼が妖術をかけました
鬼は妖術で身を隠し
大江山へ・・・
逃げてゆきました。


僕は蜘蛛の糸を取りに行きました鬼の左腕を切り取りました
勝利です。
これより喜びの舞が披露されました。

すごい!神楽 よかった。
拍手拍手拍手





羊線


みんな幸せ(^○^)ありがとう

今日はいい一日です。  (^o^)丿 人に親切にしよう(^◇^)ありがとう感謝します


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

メイドさん
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

食事おいしいね(^○^)感謝します!★  
(^○^)毎度ありがとう!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき田利の“こだわり米”



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪




 寄鍋もどき * 神楽大好き * 11:21 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:21 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ