<< 宮島の八朔祭!たのもんさんの船の船祓い | main | これからは狸? もみじと牡蠣でいいカネ(^0_0^) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

夏の終わりたのもん船を救助せよ


たのもんさん行ってみたいたのもんさん。

たのもん船が流れるところも
見てみたくて・・・行ってきました。



8月29日に四宮神社祭「たのもさん」がおこなわれました。
旧暦8月1日の八朔(はっさく)の日に島民達が五穀豊穣等を祈願した
「たのも船」を四宮神社に集め、お祓いを受けた後、海に流す民俗行事です。
詳しくはコチラから
>>  http://www.miyajima.or.jp/event/event_tanomosan.html


 成行ストーリー  目 次 
受付
これが私の生きる道 目次 ≫
神楽大好き!はこちらです≫ 妖術
神社宮島情報≫はこちらから


たぬき 食事 田利のお米はおいしいよ♪
たぬきをクリック(^_-)
http://arigato-39.sakura.ne.jp/arigato.html

ご訪問 (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 龍ライン


宮島の”たのもんさん”に行来ました。
たのもんせん1−2たのもんせん1−1
たのもんせん1−3


御笠浜の引き潮のときに降りる階段付近にいたら、
小学生が船を持ってやってきました。
先生に落ちないように注意されていました。
(*^_^*)あっ、転覆しちゃった。

たのもんせん転覆1
たのもんせん1−5


わーっ、転覆しました」。(・・? 救助に行った。
ここは遊泳禁止です。絶対に、真似しないでください。
たのもんせん1−6
たのもんせん1−6−2
たのもんせん1−6−3再度鳴かされましたが
また、転覆してしまいました。残念!


たのもん船は、厳島神社からも流されました。
たのもんせん1−7 神社より
たのもんせん1−8

みんな鳥居の方向に流れていきます。
鳥居くぐれるか?見つめていました。
それでは、私と同じ目線で見守ってください。
たのもんせん1−9−1
たのもんせん1−9−3
たのもんせん1−9−4
たのもんせん1−9−5
たのもんせん1−9−6
たのもん船1−9−7
たのもん船1−9−8
たのもん船1−9−9


たのもん船は鳥居目指して流れていきます。
鳥居をくぐれるでしょうか・・・
ああ、よそにいっちゃった。
あれ・・・くぐった写真が撮れました。
たのもん船2−0
たのもん船2−1
たのもん船2−2
たのもん船2−3

たのもん船が厳島神社から流されました。
たくさんの船が鳥居を目指して流れていきます。
昔、たのもん船をつくるのが上手な方がいらしたそうです。
もう、お亡くなりになったとうかがいました。
テレビの取材は神社から流されるところを撮影されていました。
たのもん船2−4
たのもん船2−5


鳥居目指して流れていくたのもん船、
ずーっと見ていたい光景でした。
これで今年の夏もおわりますね。

たのもん船2−6
たのもん船を見ていたい


<たのもんさん祭りの由来>
宮島は古来より島全体が”神様”と信じられていたため、
昔から土地を耕さぬという信仰のために、農業・工業はもちろんのこと
機織りや島内にお稲荷様を祀ることなど硬く禁じられておりました。
 そのため、人々の農作物に対する感謝の念は我々が想像する以上に
厚い物があり、その気持ちを表わすために「たのも船」という手製の
小船を作り、船内にはお団子のお人形・おはぎ・果物・さい銭などを
乗せて農作物を作っていた対岸の大野町のお稲荷様に向けて流しました。
 この庶民感情が一つの祭りとなり、
町内南町の民俗行事として今日まで継承されています。


羊線


みんな幸せ(^○^)ありがとう

今日はいい一日です。  (^o^)丿 人に親切にしよう(^◇^)ありがとう感謝します


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

メイドさん
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション
食事おいしいね(^○^)感謝します!★  
(^○^)毎度ありがとう!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき田利の“こだわり米”



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪







 寄鍋もどき * 宮島(厳島)へ行こう * 10:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:06 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ