<< 宮島水中花火大会の夜 もう花火最高! | main | 地蔵盆のあとで・・・もしかして御利益? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

かまどの神様 

JUGEMテーマ:日記+情報

日本に伝わる竈神の物語、各地でいろいろ違うようです。
家には7人の神様がいて、5番目の神様が竈神。台所担当の神様です。
ちょっとしたリックを背負っていて家の住人を裕福にしてあげようと
リックサックの中には金銀財宝が入っているとか。いつも綺麗に掃除するといい事があるらしい。とくに結婚を考えているなら御利益にあやかるといいと言われる神様です。
フッシュライン


 成行ストーリー  目 次 
受付
これが私の生きる道 目次 ≫
神楽大好き!はこちらです≫ 妖術
神社宮島情報≫はこちらから


たぬき 食事 田利のお米はおいしいよ♪
たぬきをクリック(^_-)
http://arigato-39.sakura.ne.jp/arigato.html

ご訪問 (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 龍ライン


読書するうさぎ
麦飯はお好き?竈神の物語
http://www.ffortune.net/spirit/zinzya/kami/kamado.htm 参考にしました。


恵比寿様
ある所に東の長者と西の長者がおりました。
二人は大変仲がよく一緒に釣りに出かけたある日、
潮待ちして休んでいたら?
東の長者は寄木を枕にzzz眠ってしまいました。

西の長者が眠れないでいますと・・・聞き耳を立てる
神様海中から竜宮の神様が出て来られたのです。


「これこれ!寄木の者、寄木の者、
東の長者と西の長者の所に子供が生まれましたから
位を付けに行きましょう」と声を掛けます。

すると寄木が・・・
「私は今人間の枕にされていて行けません。
私の代わりに行って来てもらえませんか」と答えました。


龍
神様竜宮の神様はしばらくして戻って来られていいました。

「東の長者の子供は女の子でしたので塩一升の位、
西の長者の子供は男の子でしたので
竹一本の位を付けて来ました」

 聞いて 寄木が言いました。
「塩一升は付けすぎではありませんか?」、
神様竜宮の神様は、言われました。
「いえ。あの子はそれほどの生まれをしていますよ」



鯛
西の長者は神様たちの会話を聞き耳を立てる聞いて、
自分の子供は竹一本か、
これは今の内に何とかしておかねば・・・と考えました。
東の長者を揺り起こして、言いました。
「東の旦那。私は今子供が生まれた夢を見ました。
さぁ、帰りましょう」

そして帰る道々西の長者は東の長者に相談しました。
「ねえ、東の旦那。あなたの家に生まれた子供が女の子で
私の家に生まれた子供が男の子だったら、
あなたの子供をうちに嫁に下さいませんか。
そしてあなたの家に生まれた子供が男の子で
私の家に生まれた子供が女の子だったら
私の子供をお嫁にもらって下さいよ」
男の子女の子
東の長者も「いいですね」という事で
二人は約束して家に帰りました。

さて、家に帰ってみると神様たちの言った通り、
東の長者の所には女の子が、
西の長者の所には男の子が生まれていました。
二人の子供は大事に育てられ、約束通り結婚しました。

二人はしばらくラブ幸せに暮らしていましたが
五月の麦の収穫祭「あらまち」の日に事件が起きたのです。
妻が麦の飯を炊いて神様にも供えて、
夫にも「一俵の麦を一斗になるまでつき、
今日はあらまちの祝いですから、これを食べてくださいね」
麦飯
夫は「俺は米の飯しか食ったことない。麦飯など食えるか」と
言ってお膳をひっくり返してしまいました。怒りマークむかっ爆弾

妻はそれを見て・・・・しょんぼり
「私はもう、ここで暮らしをすることができません。
この家はあなたのお父さんが下さった家ですから、
あなたの自由にして下さい。私は出て行きます」

夫がひっくり返した茶碗を拾い、ショック
こぼれた麦飯を一粒残らず集めて、家を出て行きました。


お祭り
家を出た所で二人の神様が話をしていました。
神様「麦の奴さえも蹴飛ばされるとはな。
我々もこの家に残っていると何されるかわからん。
大北の炭焼五郎は心も美しく働き者だというからそこへ行こう」
と語っていましたので、

女は聞き耳を立てるよい話を聞いたと思い、大北の炭焼五郎を訪ねて行きました。

五郎女が炭焼五郎の家で一晩の宿を乞うと、
五郎は「ここはきたない家だから・・・
向こうの大きな家に行った方がいいよ」と言います。

しかし女が「こんなに暗くなってしまってはとても歩けません。
雨だれの下でもいいですから泊めてください」と言いますと、
五郎も女を中に入れてくれました。

家に入ると五郎は炒米のお茶を湯のみ出してくれました。
女は持ってきた麦飯の御飯を食事半分五郎にあげました。
五郎も有難がって、一緒に食べました。

すると女は「どうか私を嫁にしてください」と言いました。

五郎はびっくりして、揺れるハート
「貴女のような立派な方を嫁にしたらバチが当りますよ」と言いました。

「そんなことはありません。私のかつての望みですからお願いします」
と言うと五郎も承知して二人は夫婦になりました。チャペル

それから五郎が炭を焼きますと・・・
しばしば炭の中にぴかぴか黄金が入っていました。
二人はあっという間に長者になりました。

さて、女房に出て行かれた竹一本の男の方は
どんどん貧乏になり、竹細工を売って歩く身分になっていました。
ある時男が炭焼長者の家を訪ねて来ると、
男はもう女房の顔を忘れていましたが、
女は覚えていて男の売る竹細工を
普通の値段の倍の値段で買ってやりました。

男はマル秘「物の値段の分からない馬鹿な女がいるな。大儲けしてやれ」
と大きな竹の篭を作って持っていきました。
七輪
すると女はその男と別れた時の茶碗を
出して見せてやりました。
男はそれを見て恥じ入り、
そのまま死んでしまいました。

女はそれを哀れみ、家の竃の下に埋めてやりました。

お地蔵さんそうして、言いました。
「お前にはもう、何もしてやれませんが
麦の御飯だけはこの竃で炊いて供えてあげますから、
好き嫌い言わずに食べてくださいよ」

男は心を改め竃を守る神様になったということです。



(^O^)/ 素材協力サイトのご紹介
ぱたぱたアニメ館ぱたぱたアニメ館http://www.pata2.jp/





今日もわんパグ
今日もわんパグhttp://www5.ocn.ne.jp/~wanpagu/



羊線


みんな幸せ(^○^)ありがとう

今日はいい一日です。  (^o^)丿 人に親切にしよう(^◇^)ありがとう感謝します


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

メイドさん
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション
食事おいしいね(^○^)感謝します!★  
(^○^)毎度ありがとう!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき田利の“こだわり米”



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪



 寄鍋もどき * 参考図書 * 16:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:00 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ