<< 神戸はズドーンと中華街 | main | 宮島水中花火大会の夜 もう花火最高! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

宮島の地蔵盆 百万編に参加


8月24日の宮島 ファリーから見た大鳥居8月24日は宮島の地蔵盆です。
今年はお経を読み百万遍(数珠繰り)に参加してきました。
地元の人たちと一緒の共同作業に参加させていただき
とても楽しいひと時が過ごせました。
水族館前にはまだ行列ができていて1時間待ちという感じでした。
提灯ライン

 成行ストーリー  目 次 
受付
これが私の生きる道 目次 ≫
神楽大好き!はこちらです≫ 妖術
神社宮島情報≫はこちらから


たぬき 食事 田利のお米はおいしいよ♪
たぬきをクリック(^_-)
http://arigato-39.sakura.ne.jp/arigato.html

ご訪問 (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 龍ライン


お地蔵さん
宮島の地蔵盆に行きました。
宮島は旅行客が多いため、盆供養できなかった人たちが
盆供養する祭りとして行われるようになり、
同時にお地蔵さんを祀る町の祭りとなっているようです。

徳寿寺のポスター地蔵祭りの目印は笹飾り地蔵祭りの目印は笹飾りです。
町屋通りを笹飾り(・・??目指して歩きました。
最初に目につくのは、延命地蔵祭りです。


延命地蔵尊は桜町のお地蔵さん。通りをたくさんの灯篭で飾ってありました。
延命地蔵尊祭灯篭細い路地に入ります灯篭飾り

導かれるまま。奥に歩いて行くと階段があります。
灯篭飾り空き地に鹿さんがいました灯篭飾り灯篭飾り

お地蔵さんにお参りをして、ご接待をいただきました。
冷たい御茶とお菓子です。地蔵祭りの地図も、もらいました。
あった!階段を上りました延命地蔵尊です

地蔵盆は盂蘭盆(うらぼん)で供養できなかった祖先の霊を供養する行事です。
8月24日を中心に宮島の各御寺や各所に祀られている地蔵堂で行われるようです。

さて、ここから・・・誓真石碑の前を通り、光明院の前を通り、
資料館の通りにある大西町のお地蔵さんのところに行きました。
光明院に行く途中の道で鹿さんに出会いました。
鹿さん
大西町のお地蔵さん大西町のお地蔵さん大西町のお地蔵さん

資料館の壁には今回の地蔵祭りで寄付をされた方の御名前が貼り出されていました。
大西町のお地蔵さんは、道祖神です。道に迷わないように導いてくださるお地蔵様です。
資料館の塀大西町のお地蔵さん水族館の行列お参りしたあとに、水族館は?
行ってみました。
今日も行列ができていました。

五重の塔
それでは、光明院まで戻り、誓真徳碑の前を過ぎ、
延命地蔵尊まで戻りました。山辺の小道を歩きます。
細い道ですが眺めが抜群です。

魚之棚町のお地蔵さん善哉地蔵尊魚之棚のお地蔵さん(善哉地蔵尊)のところです。
ご接待の御茶とお菓子をいただきました。
16時30分から数珠繰りがあるそうです。

乳地蔵乳地蔵不動堂のお地蔵さん乳地蔵は、拝むと母乳の出がよくなるお地蔵様。
不動堂は、
厳島神社の鬼門鎮護のために建てられました。


徳寿寺へ行ってみました。朝、法要と御開帳、法話がありました。
新聞記事徳寿寺のお地蔵様千手観音

子供のいない老夫婦が夢のお告げの通り見つけた石の地蔵尊を供養した所、男子を授かり後に広島藩主おかかえ力士になったそうです。地蔵尊はいつしか黄金色になり金石地蔵と呼ばれるようになったそうです。


張り紙納経納経
納経1枚200円だそうです。


宮島桟橋方面に戻り、港町のお地蔵さん(誓真地蔵尊)へ行きました。
目印は、笹飾りです。御経が始まる時間になると
呼び込みのカネがカランカランと鳴らされました。
港町のお地蔵さんへ笹飾りが目印です誓真地蔵尊ありがたい霊水

予定表
お知らせ誓真地蔵尊祭りについて
井戸替え   8/20 午後8時30分  
清掃及び準備 8/23 午後3時
お経     8/24 午後4時    直会     8/24 午後6時

井戸替え 消防車で井戸の中の水を吸い上げて深さ6メートルの井戸を清掃しているそうです。水は3メートルくらい入っているとか。普段は井戸の上に屋根がないので雨水が混入する可能性があるため沸かして飲んだ方がいいと思われるけれど、おなかを壊した話は聞いたことがないと教わりました。


立て札
(^−^)誓真さんと釣井
誓真さんはもと伊予の人で天明のころ厳島に来て神泉寺の番僧となり竹林庵に住んでいた。飲料水の不足に苦しむ島民のために島内に10か所の井戸を掘った。それが今日誓真釣井と呼ばれている。この井戸の数メートル先は当時海岸であったにもかかわらず塩分もなく干ばつの時もこんこんと清水が湧きしかもうまい水で町内各所から樽で水汲みに集まる姿が見られた名水である。
誓真は又この他島民のために生業を与えるために弁財天の琵琶の形から着想して飯杓子を考案しこれが今日宮島の名産として全国に知れ渡っている。石段を築き石畳の道を作る等誓真の功績は大きい。
この井戸の霊水によって育まれた者に長寿多くいつの頃からか誓真さんを地蔵尊として祀りしたいあがめている。どうぞ霊水で喉をうるおし誓真さんの高徳を偲んでください。

ご供養中椅子に御経が置いてありました
皆さんと一緒に御経を読み
ご焼香させていただきました。
懺悔文・・・観音経・般若心経・ご真言など
そして、終わってから
お寺さんと一緒に魚之棚へ行きました。

お寺さんは?宝寿院(弁天の宿いつくしまの隣)の御住職様でした。
延命地蔵尊の法要も担当されるそうです。道の途中で鹿の親子に出会いました。

鹿の親子に出会いましたかわいい小鹿です灯篭

魚之棚では、昔は子供が数珠繰りを行っていたが、
少子高齢化で子供がいないから大人がしているようです。
お地蔵さまは、宝寿院(真言宗のお寺、商売繁盛の神:聖天を祀られている)から
”ホテルいつくしま”を巻く形で山へ少し上ると北之神社があります。
途中鹿よけの小戸があり、薬師様もお祀りしてある所だそうです。
左側に地蔵堂があり、町内の方が屋台に移して移動されお祀りするそうです。

カネと木札(^O^)/百万遍(数珠繰り) 
和尚様が真言を唱えなからカネをたたかれます。
光明真言、地蔵菩薩のご真言、弘法大師の称号そして
南無厳島大明神・・・

大玉
リズムに合わせてみんなで数珠を繰ります。
数は和尚さまが木札で数えておられます。
大玉が回ってきたら頭に頂きます。

百万遍(数珠繰り)百万遍(数珠繰り)百万遍(数珠繰り)

(*^_^*) あら?観光客?外人さんの子供が参加してくれました。
まぁ〜!最後は、わたしのところに大玉が回ってきてENDでした。
なんか御利益がたくさんありそうですよね。


宝寿院千手観音
宝寿寺です。
裏山にアセビが多く群生しているので
アセビ寺ともいわれます。
商売繁盛の仏神の聖天(歓喜天)をはじめ
多くの仏像や古文書を所蔵されています。
数珠はこちらに運ばれて行きました。



灯篭に灯りを入れていただきました仲良くなった方が、灯篭に灯りをともしてくださいました。
管弦祭の提灯に絵を描いて下げてありました。
帰り道灯篭を見ながら帰りました。

灯篭灯篭灯篭

宮島館の前宮島館の焼き牡蠣旅館 宮島館の前に行列ができていました。
ここのかき氷¥200 
シロップとミルクかけてくれて、
山もりに入れてくれるんですよ。
良心的でおいしい。
焼き牡蠣も?
牡蠣はまだ食べてませんけど。



とても充実した楽しい一日でした。
羊線


みんな幸せ(^○^)ありがとう

今日はいい一日です。  (^o^)丿 人に親切にしよう(^◇^)ありがとう感謝します


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

メイドさん
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

モノマニア / 株式会社リツメイ・コーポレーション
食事おいしいね(^○^)感謝します!★  
(^○^)毎度ありがとう!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき田利の“こだわり米”



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪


 寄鍋もどき * 宮島(厳島)へ行こう * 22:39 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:39 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ