<< 方向音痴の 基金訓練 八幡川で再会 | main | 貧乏神の正体? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

七夕の日に思うこと

 
スマイルショップ


受付案内(目次)  成行ストーリー総合案内はこちらです。
(^○^)毎度ありがとう!★  
たぬき
たぬきをクリック(^_-)  田利の“こだわり米”

りんご線
七夕 7月7日の夕方を略して、
「七夕」と書きます。
七日の朝に芋の葉の露で墨を磨り、
短冊に願い事を書く。
笹竹に結び、願い事が叶うように祈ります。

(・・? 半夏生(はんげしょう)ってご存知ですか?
仏教の僧侶が陰暦の4月16日から7月15日までの90日間、
一定の場所で修行をする夏安居(けあんご)の中間の日を目指す言葉。
カラスビシャク(サトイモ科の毒草)のことを半夏と呼ぶようになり、
「半夏が生じる頃」、花の咲く時期を半夏生というようになったそうです。
 *天から毒気が降る、大地が陰毒を含むから毒草を生じる。
山菜を採取したり、竹林に入ることを避ける風習もあったようです。
宝船

七夕は、ある説によると、盆迎えの信仰が、
中国の伝説と混ざったものとも考えられています。
牽牛(ひこ星)と織女(織姫)の二神が降臨する夜。
禊を行い、翌日に天へ帰る時に穢れを
持ち去ってもらう。(^_^)/~

 七夕飾りで、笹に書いた短冊は、翌日川へ流します。
これは禊、願いは強い煩悩(執着)になるから:水に流すのです。
JR駅のたなばた 良い事を願う気持ちも大切ですが、
実際はうまくいかない。
悪い事は起こります。
この世は陰と陽で成り立っているのだから。
だから不安・・・。
悪い事があった後には、
良い事が起こるということです。
次はどんないいことが起こるのかな。わくわくドキドキ!
「わー!やってしまった」どんな時も、
心を浄化するよう頑張っています。

(^_-)-☆ 困ったことが起きたなら、何か面白い事が起こると思えばいい。

たなばた 私が目にした短冊には
「給料が増えますように」
書いてありました。
学生さんが書いたの?
『恋愛成就』が書いてありました。 
短冊の色は?陰陽五行の五色です。
梅雨の雨はきっと禊。
穢れをきれいに洗い流すのでしょう。


(・・? 気は周りに満ちているもので、自分の中に存在するもの。

気の状態が悪い時は、イライラ!クヨクヨ 気が重い。
空気が淀んでいる時、窓を開けて換気をしてスッキリ!
気の状態がよければ、幸福体質(幸せを感じやすい)になれる。

「木・火・土・金・水」という五気が輪廻作用をし、
色・方位・季節・惑星・天神・内臓。十干・十二支を成り立たせています。
神降し
(^O^)/  五気の色は・・・
神楽の天蓋でおなじみ。

木気・・・植物の象徴(緑・青)
火気・・・炎の色(赤)
土気・・・大地の色(黄)
金気・・・冷たく光る金属の色(白)
水気・・・水は暗く低い所に集まる
(黒・紫)

*五色は、邪気を祓い
穢れを浄化する色なんです。


(*^_^*) この神楽は先日、本川小学校チャリティ神楽の“神降し”です。
被災者の方へ寄付するため、2000円払って見て来ました。
神降し2 神降し3
神楽:神霊が人間を喜ばせるために演じる歌舞
語源は?神座(神霊が降臨する場所)神座に神霊が降りて来て、
人間の幸福のために歌舞を演じる事です。
祭りに招いた神霊をはやす(喜ばせる)意味もあるそうです。

 神楽は神霊が物や人に降臨し、人の体を借りて人前で歌ったり踊ったりするもの。 神楽は神霊によるまじないなんです。

神楽のまじないには、衰えかけた生命エネルギーを復活・再生させ、
長寿に導く招魂・鎮魂の呪力と清め、祓の効果があるのです。

演目によってまじないも異なります。
だから・・・神楽の効験は降臨した神のみぞ知る。

 採物神楽:神懸りを助ける榊・幣(みてぐら)・笹・弓・・・
採物は、神霊が降臨する依代(よりしろ)。
舞手は採物を持ち、神懸りとなり、
女性は巫女を代表に神懸りしやすい。
能や歌舞伎の世界では「笹竹」を採物にすることは
狂乱の心理を表わすそうです。

太陽太陰暦(月の満ち欠けと太陽の周期)ってご存知ですか?
古来、農耕民族だった祖先は、季節の移り変わりを敏感に察知して、
種を撒く時期、収穫の時期を判断し、神事・仏事をも行って来ました。

旬のものを食べる。自然=宇宙の気=自分の気バランスがとれる(調和する)
日本に伝わる 季節の声に耳を傾けて、
自然を感じて、ともに生きる暮らしの知恵です。

神降し
旧暦には、陰陽五行説がかかわっています。
陰陽五行説は、宇宙の森羅万象の成り立ちを説いた中国の教え。
万物は陰と陽という相反する2つの気によって生じている。
天と地。夏と冬。火と水。潮の満ち引き。月の満ち欠け。・・・

月の満ち欠け、潮の干満。人体の7割は水分で出来ている。
人の細胞は、約28日で生まれ変わる。
仏教では、49日まで7日毎に法要をして死者を弔います。
ラッキー7! 繰り返しは、7の倍数で行われています。

陰陽は、「片方が強ければ〜片方が弱い。」
というように常にバランスをとっています。
夏至と冬至を境に入れ代わるのです。夏至は一年で一番昼の長さが長い一日。
冬至で立ちあがった陽の気は、夏至で陰に転じていきます。
春から夏へ生命力は勢いを増しますが、夏至を境に充足に転じます。
体は冬に向かってエネルギーを蓄えようとしていくのです。

れんこん7御先祖様 七夕は、お盆行事の始まりを
告げるものでした。
御先祖様に心を向ける時です。
御先祖様と共に過ごす時期です。
自分の命の後ろには・・・・
たくさんの命が数珠のように連なっている。 
どれ一つ欠けても、今の自分は存在しない。
人は土から生まれ、やがて土に還り、守護神となる。


れんこん6 家の気が淀んでいると・・・。
まずは、片づけて掃除して
すっきり綺麗な空間を作る。
この時期から、よく見かけるのが蓮です。
蓮の葉には、血液や体液を浄化する薬効があり、
家の気も浄化します。
清らかな空間で守られている安らぎを感じるのもこの時期ならでは。

れんこん3 仏様の花として知られる蓮の花。

舞楽に迦陵頻というのがあります。


蓮の葉には、迦陵頻伽(かりょうぴんか)という美しい鳥が舞い降りる。
迦陵頻伽は、仏教で極楽にいると言われている想像上の鳥です。
声は、世にも妙なる鳴き声で、仏様の声に通じる。
極楽浄土で法を説くそうです。
時折ふわりと蓮華座に片足で降りて、ゆるやかに舞いあがるのだとか。
朝日を浴びて花開く瞬間の蓮の清らかな香りに触れてみたいものです。


れんこん2 気の状態が悪い時は、
イライラ!クヨクヨ 気が重い。
空気が淀んでいる時、
窓を開けて換気をしてスッキリ!
気の状態がよければ、
幸福体質(幸せを感じやすい)になれる。

自然に寄り添い、宇宙に添わせ、響き合うような生活をすればOK!
あたりまえな事に自然と感謝できれば・・・小さな幸せ見つけられるかも。
キラリと光る幸せを見つけられたら、自分も周りも幸せにできる素敵な人。

「きっと出来ない」「無理です。」出来ない自分に(^_^)/~。
自分自身の殻を打ち破りチャレンジする。
時には植物のようにつらさに堪える。
痛みを受け入れながら・・・それでも光を見失わないように!
光を目指して自らを伸ばす。どうすればいいのか?考えて実践!
これが自分の役割と心得て一生懸命にやってみる。経過が大事!

毎日を幸せな気分で過ごすには、気に気を付ければいい。
神降ろし 暗い雰囲気の時は、
明るい表情と元気な言葉で
活気をもたらそう。

周囲と自分の気を敏感に察知出来れば、
良い気が循環するようにすれば、
小さな幸せを見つけることが出来て、
きっと感謝の毎日が送れるはずです。

今日はいい一日です。すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています
(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&
毎度(^○^)ありがとうごさいます

 (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください
メイドさん
   
(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪
JUGEMテーマ:日記+情報
 寄鍋もどき * 般若心経の教え * 08:12 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 08:12 * - * - * pookmark

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2011/07/08 9:54 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2011/07/07 12:51 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ