<< 11月20日 大元コース(駒ヶ林)へ行く・・・ | main | 11月20日 宮島大聖院コースを歩く >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

11月20日 宮島の紅葉 頂上へ行こう

 

(^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿







りんご線


 もみじ宮島の11月20日。紅葉はいかが?頂上へ行こう

出発は11時50分道しるべまで戻り・・・
ジョギング頂上へ出発!
時間は11時50分でした。

歩いて行くと。。。大聖院コースの出口に到着。12時でした。
(^^♪紅葉が綺麗です。目の前の階段を上ると仁王門跡です。
大聖院コース出口
2-2 階段を上がると仁王門跡
2-3 階段を上がると仁王門跡
2-1 階段を上がると仁王門跡
2-4 仁王門跡


3-1 頂上へ向かう
3-2 くじら岩歩いて行くと・・・
クジラ岩がありました。


4-1 御山神社へ
(^O^)/ 
御山神社鳥居です。
紅葉が綺麗です。
紅葉にさそわれて・・・もみじ
御山神社に行こう。


4-2 御山神社へ
4-3 御山神社へ
4-4 御山神社へ

神社御山神社(みやまじんじゃ)
平清盛が三姫神を祀った厳島神社の奥宮となる神社です。
戦後頃、“みやまのばば”と呼ばれる祈祷師がいたそうです。
昔、「さんきさん」と呼ばれていた神社です。
(*^_^*) 太陽の光に紅葉が輝いてとっても綺麗。到着は12時15分でした。
4-5 御山神社へ
4-6 御山神社
4-7 御山神社
4-8 御山神社からの景色


(^^)/ ここから弥山本堂へ向かいました。
弥山本堂のトイレのところにある紅葉がもみじ綺麗なんですよ。
4-1 弥山本堂 トイレの紅葉
4-2 弥山本堂 トイレの紅葉ちょっと匂いが
トイレ気になるけれど、
ここの紅葉は素敵。
いろんな角度からカメラ
写真を撮って
楽しみました。


(^^)/ 弥山本堂です。
弘法大師が100日間求聞持の修行をされたところです。
4-9-2 弥山本堂4-9-1 弥山本堂虚空蔵菩薩様、
不動明王・
毘沙門天が
祀られています。
4-3-1 弥山本堂の紅葉


4-4 弥山本堂の紅葉
4-5 弥山本堂の紅葉紅葉が綺麗です。
ちょっと裏にまわってみました。
紅葉は見ごろ?
過ぎたのもあるようです。
ここも観光客がいますね。
そして鹿さんも。
4-3-2 弥山本堂の紅葉


4-10 弥山本堂裏の紅葉
4-7 弥山本堂裏の紅葉
4-8 弥山本堂裏の紅葉


(^^)/ ここが霊火堂です。
弘法大師が修行をした時に焚かれた護摩の火が今も燃え続けている。
大釜の湯を飲むことができます。コップも用意されています。
5-0-1 霊火堂
5-0-2 霊火堂


(^^)/ 三鬼堂です。階段のところの紅葉が綺麗です。
この日も祈祷される方がおられたようで、お経が聞こえました。
5-3 三鬼堂へいく階段の紅葉
5-1 三鬼堂
5-2 三鬼堂へいく階段


5-3 文殊堂・観音堂(^^)/ 文殊堂・観音堂です。
観音堂には家内円満・安産の仏様。
文書堂には学業成就の知恵を司る仏様。
5-4-2 頂上へ5-5 くぐり岩


(^O^)/ くぐり岩を過ぎると頂上です。たくさんの人がいました。
ベンチに座れなくてみんなレジャーシートに座っていました。
紅葉の時期はロープウェイも1時間待ちになるようです。
6-1 頂上ヒュッテ6-4 景色
6-2 たくさんの人

6-3 景色 6-5 景色 6-6 景色
6-7 頂上の丁石


7-1 帰り道 本堂出発
さて、そろそろ下山しますかね。
弥山本堂を出発したのは13時ごろでした。
7-2 仁王門跡出発
帰路も紅葉を楽しみ
ながら歩きました。
仁王門跡に到着したのは13時10分頃です。
帰りは紅葉がきれいな大聖院コースを歩きます。


今日はいい一日です。すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

毎度(^○^)ありがとうごさいます


 (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 

 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

メイドさん

 

 




(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

 寄鍋もどき * 宮島(厳島)へ行こう * 20:29 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:29 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ