<< 冬木神社の神楽は 砂庭神楽団でした | main | 祭りだワッショイ!冬木神社にGO >>

祭りだワッショイ!狐瓜木神社にGO

 
 

(^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿







りんご線


 祭りだワッショイ!狐瓜木神社に行ってみようジョギング


10月17日の朝、自転車に乗って狐瓜木神社へ行ってみました。
祇園大橋を渡り、高陽方面へ向けて・・・行けばいいはず。
お地蔵さん 石碑

http://yutaka901.web.infoseek.co.jp/page04aga.html
(^^♪ お地蔵さんがありました。ありゃ?お賽銭箱がない。
盗難や破損が続いて・・・なくなったそうです。
近くに石碑もありました。

わーい!お祭りだ 皇子神社
自転車で移動していると・・・
きっとここ?
(゜o゜) 幟が見えて、
しめ縄がしてあります。

行ってみると・・・
皇子神社でした。

天水の名水

水場(天水の名水)がありました。
http://yutaka901.web.infoseek.co.jp/page04aga.html
お祭りです。今から子供みこしがでるみたい。
名水なのかな?飲めるような柄杓はありませんでした。
天水の名水 http://yutaka901.web.infoseek.co.jp/page04aga.html
さて、目的の狐瓜木神社は・・・・?
もっと先、交差点があって直角の道を進み、
郵便局のちょっと先だそうです。

目的の狐瓜木神社 由緒


由緒書きには・・・
御祭神 誉田別命・帯仲彦命・息長帯姫命
*八幡神社の祭神は誉田別命(応神天皇)・帯仲彦命(仲哀天皇)。
息長帯姫命(神功皇后)は比売神で誉田別命の母神にあたります。

相殿  志那都彦命・事代主命
*志那都彦命・事代主命を勧請したのは860年。
志那都彦命は風伯神(風の神)で、昔この一帯は海だった。
事代主命は大国主命の御子で恵比須大神です。

http://yutaka901.web.infoseek.co.jp/page9zz59.html 
1274年 武田信時が安芸国守護に補せられ,
狐瓜木神社を佐東郡の総社としたそうです。
その後,大内氏,毛利氏の保護を受けて
1805年に神殿・拝殿を改築,
1912年に神殿を再建。神殿・拝殿はいずれも被爆建物です。
広島市安佐南区東原には分祀(瑞穂神社)もあります。

3祭りの案内(゜o゜)? 10月16日が前夜祭、
奉納神楽があったようです。
津浪神楽団です。

今日は大祭日。
子供みこしがあります。

 階段を上がりました さらに上がりました 6手水舎
ずいぶん長い階段です。
神社って感じですね。
石灯篭も歴史が・・・
ありそうなものでした。



 あと少しです あと少しです。
お参りされる方がいらっしゃいました。

 到着\(^o^)/

やっと到着しました。\(^o^)/ここが狐瓜木神社です。

11狛犬 景色


9神楽舞台の跡
神楽舞台の跡です。
神楽見たかったな。
18時半から津浪神楽団でした。
来年、見に来ようかな。

本殿 10 絵馬

奉納絵馬があります。これは?たくさんの動物たち。
生きとし生けるものの神様なのでしょう。

豊穂稲荷神社がありました。
お参りされている方がいらしたので御一緒させていただきました。
豊穂稲荷神社です 豊穂稲荷神社

太鼓の音が聞こえて、わっしょい!わっしょい。
おみこしがやってきたようです。行ってみました。
あっ!おみこしだ
子供はうれしそうです
おみこしが通る
おみこしは移動中
みんなで移動中
わっしょい!ワッショイ★
お家の人が出てこられました
次は何処にいくの
次に移動します
おみこしは移動中
 バイバイ(^_^)/~


狐瓜木神社におまいりして、おみこしに出会えて・・・
なんかとっても幸せいただいた気分になりました。
(^^♪ すっごく御利益のある神社のようです。

今日はいい一日です。すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

毎度(^○^)ありがとうごさいます


 (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 

 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

メイドさん

 

 




(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪
 寄鍋もどき * 知らなかったの私 * 10:27 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:27 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ