<< 宮島管弦蔡に行こう(^−^) 地御前神社に行ってみる | main | 宮島管弦祭 待ち合わせ場所は地御前神社 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

宮島管弦祭が はじまるよ

JUGEMテーマ:日記+情報
 

(^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿



(^◇^)いらっしゃいませ!★


カップ






りんご線


宮島管弦蔡 (^O^)/ はじまるよ

引き潮でした引き潮でした。
神社から雅楽が聞こえました
伝馬船の漕ぎ手の方です
まだかな・・・待ちました。
16時頃
本殿を出発するはず。

厳島神社から
雅楽が聞こえました。


突然!動きがあって、先頭は神官さんがお祓いをして、
その後、御稚児さんが続きました。足はだしですね。


動きがあり、出て来るようです
先頭はお祓いをします
お稚児さんです
お稚児さんです
お稚児さんです


雅楽の楽器です
関係者です
足がぬれます
お稚児さんです


御神体です
御神体が出てきました
御神体です
行列は続きます
御神体です
行列は大鳥居に向かいます

大鳥居をくぐりました
行列が続きます
先回りしてみました


お稚児さん
御神体です


御座船は、現在は和船を三艘並べて一艘に船組をしますが、
昔は大きな船を一艘使ったようです。
この船には櫓が六丁あり自力で航行しておりました。
ところが元禄十四年(1701)に管絃船が地御前神社から
宮島の長浜神社に帰る途中暴風雨に遭遇し、
まさに転覆寸前になりました。
その時風雨を避けて錨を降ろしていた
阿賀村の「岡野喜右衛門」の鯛網船と九州からの帰路、
嚴島神社に参拝する江波村の「古川屋伝蔵」は
二次災害をかえりみず勇気ある行動で管絃船を救助しました。
それ以来阿賀と江波の両村が管絃船を
曳航して祭りが行われるようになりました

御座船です
雅楽が聞こえました

みんな乗るようです
儀式が行われています
足が泥だらけ
管弦蔡の日の宮島です

祭典は午後四時嚴島神社の本殿で発輦祭があり、
次に御鳳輦を管絃船に移し大鳥居前の儀を終えて、
船内で管絃を合奏しながら対岸の地御前神社に向かいます。
火建岩沖に一時停船し提灯に明かりが灯る頃、
地御前神社からの御迎船を水先に
地御前神社前の浜辺で祭典と管絃が奉奏されます。



今日はいい一日です。すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

毎度(^○^)ありがとうごさいます




 (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 

 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください

メイドさん

  
お夜食特集

 




(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

 寄鍋もどき * 宮島(厳島)へ行こう * 20:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:00 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ