<< お菊井戸とお花見会 (^^♪ | main | アリスの法華経物語 目次 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

法華経はパニウツに効果あり(・・?

 
(^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿





りんご線

法華経はパニウツに効果あり(・・?
法華経で説かれるテーマは
§^。^§言葉に耳を傾けなさい、
素直に信じる心」をテストされているのですよ。


法華経は、お釈迦様の話を聞きに行くところから始まります。
読んでいるとお釈迦様の話が聞こえるのです。
「全ての衆生は永遠の仏の命を生きている」と教わります。
“あなたの使命を実現するために神仏の守護がある”と説かれます。

(・・? “あなたは神仏に生かされてる。”
私は何処から来て、何処へ行こうとしているのでしょうか?
男女の営みによって生命は誕生しますが、
自分の命にたどり着くための可能性は・・・?
偶然?近い奇跡の確率で生命は誕生したのです。
 そして、いつか死ぬ時が必ず訪れます。限られた命です。

§^。^§自分の過去を振り返りどうでしたか?
これからどうなると思います。何を目指しているのですか?
聞かれたら?どのように答えますか?????

経典では東方は過去を暗示し、
西方は未来を暗示するのだそうです。

私達の暮らす地球は(゜o゜)?
想像もつかぬ程広大な宇宙に浮かぶ太陽系の惑星です。
現代宇宙科学の説によれば、約137億年前のビックバンという宇宙開闢以来、およそ80億から90億年を経て約50億年前に我々の太陽系と地球が形成されたのだそうです。それ以来50億年近い?
気の遠くなるような時間の中で地球は
自転しながら太陽の周りを1年かけて公転し、
月は満ち欠けを繰り返しながら地球の周りを廻っています。

地上のあらゆる場所で太陽は1日の始まりを告げ、月は闇夜を照らしています。 お釈迦様のお話によると、遠い過去に2万回にわたり出現された仏様の名は、 宇宙の神秘を暗示するが如く日月燈明如来であり、
その無数の仏様の教えがすなわち法華経なのです。

§^。^§一人ひとりが自らを顧みることから法華経は始まるのです。

法華経の中で、お釈迦様が教えを語る相手は、
お釈迦様の弟子の中でも智慧第一といわれる優等生です。
出家して仏門に入りましたが
目的である心の平安(悟り)は得られずにいました。
菩薩というのはあたかも崇高な人々のことではなく、
だれでもが仏になるために志す目的(頂点)が菩薩なのです。

それは目の前の事実を自分自身で正しく捕えて、
平等の心、平等の教えで接する事こそが大事なことと、
私たちが、まず知らなければならないことであり、
それ(平等の心、平等の教え)を悟る(自分で自覚する)ことが
仏の教え(心の平穏:幸せ)に入る第一歩となるのです。

言いかえれば、人は誰も今のまま、そのままで完成品なのです。
差別したり、嫌ったり、頼り切ったりするのでなく、
一人ひとり尊重して誰にも平等に接していくことが大切なのです。

仏様が世に出る時は、時代が五濁悪世の時と言われています。
悪世なるがゆえに人々を導くための教えを説くのだそうです。
それぞれの機根(理解力に応じた教え)により3パターンの教えを説くのです。
人々は自分に合った教えを修得すると、満足してとどまってしまいます。
そこで説かれたのが今までの3パターンの教えを統合する
たった一つの教え(一仏乗の教え)「妙法蓮華経」ということです。

3パターンある自分にあった教えに満足した人々からみると、
「今のままでいいじゃない。なぜ?1つにならないといけないの?」
最後の教えにたどりつき頂点を目指さなければならないのか?
難信難解?ということになるのです。

それは・・・・仏の智慧が宇宙と同じく時間的にも空間的にも
§^。^§無限大であるのに対して、
理解しようとする人の心は、限られた人生という時間と
自己の利害損得に縛られていては難解難入なのです。

§^。^§一人ひとりが自らを顧みることから法華経は始まります。
まずは己の心の狭さを自覚させるところから入らねばならないのです。
一切のものの真実の相つまり姿を観る真実を見定める)ことです。

これは悟りを開いた仏だけが究め尽し説明できるものであって、
我々の知りうるところではありません。
あらゆるものの真実のすがたとは一瞬たりとも止まるものでなく、
ただ仏と仏のみが知りうる境界なのです。

(・・? 人は誰も生きてきた過程で自分自身の常識を作り出します。
そして・・・「きっと〜なる」予想し、
自分の思いついた考え方に縛られます。
「・・・だからできない」「〜嫌い」「・・・・(~_~;)」
暗くなる人、怒る人、運の悪い人・・・
誰かが悪いのではなくて自分で思い込んでいるのではないですか?

ある日突然!今まで出来た事が出来なくなる。
誰のせい(-_-;) 金メダル取ると宣言したのにとれない。
上司に「やります。できます」言ったのにできない。
(^_^;)ちゃんとやったはずなのにミスしちゃった。
できない人はもう?生きていてはいけないのでしょうか?
他人に気持ち悪い人(嫌な奴)と思われているのでしょうか?
嫌になった!”勝手に思い込んでいるとしたら?(-_-)zzz

プロ野球だって連敗中だから必ず負ける?
強い相手に逆転勝利することだってあります。
一度負けたからってずっと負け続ける訳ではありません。
奇跡は起こる!信じる人の前には起こることがあります。
どうなるか?仏様が知る限りで誰にもわからないのです。

法華経では、お釈迦様が話されている時、
自分は既に悟っているという慢心をもった
5千人の出家や在家の者たちが山を降りました。

§^。^§ 仏が出現するただ一つの目的は、
仏と同じ智慧つまり仏知見を全ての衆生に授けるためです。
その為に必要なのが慢心を捨てた、清浄なる信なのですよ。

言い換えれば人は仏知見(正しく捕えて、平等の心、平等の教え)に
開示悟入(人と接することができるよう修行)するために
この世に生を享け、己が人生を生きるのです。

“忙しいからやればいい”というのではなくて、
ミスしないで一生懸命!自分の力の限りを尽くして実施する。
完璧のハズが?それでも?(^^ゞやっちゃった 指摘されたら?
自分の非を認めて(慢心を捨て)お世話になる。
正しい方向を見失わない。
素直に認めて信じられる方向に修正すればいいのです。

慢心を捨てた、清浄なる信』というのが難しい。
意地はりたくなるんですよね。
(`´)間違ってないと主張したくなる。
自分を押し通したくなってトラブルになるのです。
押し通すと(゜o゜)? 間違った方向に進んだのですから、
この先どうすればいいのか?わからなくなります。

§^。^§ 諸仏が出現する五濁の悪世とは、
劫濁・煩悩濁・衆生濁・見濁・命濁の五つをいいます。
1)劫濁とは時代の濁り。
 戦争や疫病や飢餓などが多くなり時代が濁り、乱れること。
他の四濁が盛んになって、長く続く時をいいます。

2)煩悩濁とは貪・瞋・癡・慢・疑をいう。
 煩悩におかされた人間たちの姿。悪徳がはびこること。

3)衆生濁とは衆生社会の濁り。
 衆生の果報がおとろえ、心身とも鈍く弱くなり、
苦しみの多い社会全体の濁りです。

4)見濁とは思想の濁り。
 思想が乱れること。よこしまな考え。

5)命濁とは衆生の生命の濁り。
 見濁や煩悩濁が原因で、寿命が次第に短くなり、
最後は10歳までになるという。

五濁は初めから盛んではなく、
末世になって次第に熾烈になるといわれ、これを五濁増というそうです。

§^。^§仏様の教えは等しく、全ての人々を仏の境界に導く為のものです。

(・・? どんなにいい人でも、「なんて嫌な人なんだろう」
相手に悪気はなくとも・・・自分で勝手に考えて思い込む?

人って誰も誤解して自分自身で変な考えにとらわれるものです。
「自分は気持の悪い人だ!」妖怪に取りつかれたように思い込み?
そこからが?なかなか立ち直れません。

人々はこの世に生まれてきて、歳をとりたくない、
病気になりたくない、死にたくないという四つの苦しみ、
いわゆる四苦を誰も避けることが出来ないのです。

愛別離苦という自分の愛する者と別れなければならない苦しみ、
また逆に怨憎会苦という嫌いな人と会わねばならない苦しみ、
さらに求不得苦という求めるものが得られない苦しみ、
そして五陰盛苦という肉体と五感を持つがゆえに
避けることが出来ない生きることの苦しみもあります。

私たちは四苦八苦の世界にいながら、
苦しみをまぎらわすように、目先の楽しみを求めているのです

§^。^§仏の智慧を求めるのなら人を助け、一切の人々を救うのです
これは・・・・真実の教え(敬い信じること)です。

(・・? どうすればいいの
「目の前の人を尊重し、人を助け、人を救う」
できる時に自分のできる最大限の努力をし、
いつか誰かに喜んでもらえることをする。
間違えたなら、指摘を受けたら素直に認めて修正する。

いつも誰かの世話になって過ごしているなら、
自分にも恩返しできることないか考えて実行する。
できるようになったなら、「今度は私がやりましょう。」
(^O^)/「助かるわ。ありがとう」。
笑顔が輝きあう人間関係を目指せばいいのではないでしょうか。

人って、落ち込むことがありますよね。
あら?あの人が・・・・(・・?
そんな時は暖かく見守って、助けてあげましょう。
自分にできる事があればしてあげましょう。
差別した目で見ないで、尊重し敬うことは忘れない。
「きっとよくなる素直に信じる心」で接しましょう。

そして自分が落ち込んだ時には?
人を恨んだり・・・心が地獄に向かないようにします。
「手抜きしない。」正しい方向を見失わない。
時間がかかってもいいんです。気がついた時点で修正しましょう。

(゜o゜)?一瞬!悪く思える出来事も・・・・

 
   §^。^§「嫌なことから何かを学びなさい
仏様の教え、自分が間違った事をしている場合があるのです。

自分の間違いを直せば、また笑顔になれるはずです。
とは言っても・・・・これがなかなか難しい。
だからこの世で出来るようになるため
(^_-)-☆ 修行しながら私も生きているんですよね。
未来に現れる仏様?弥勒菩薩は・・・(^。^).。o○
それでいいのかな・・・って思える今日の私です。

拍手あなたの人生を(^O^)/ 応援します。
(株)まるかんから“パニウツ元気”というサプリが出ました。
栄養バランスが崩れると心も乱れることがあります。
気になる方は試してみてはいかがですか?

今日はいい一日です。すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています

(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

毎度(^○^)ありがとうごさいます


 (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください
メイドさん
    
(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪
 寄鍋もどき * アリスの法華経物語 * 11:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:00 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ