<< “石見神楽の華” (^、^)大蛇 | main | ひろしまFFの神楽 塵倫 前編 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

ひろしまFF 石見神楽「加藤清正」


 
(^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿




りんご線

 石見神楽 (^へ^)加藤清正

ひろしまFF 5/3 カーネーションステージの石見神楽です。

島根県浜田市は石見神楽の盛んな土地です。
毎年7月下旬の土曜日の夜に行われる「清正公夏祭り」は
お寺の境内に舞殿を建て石見神楽を奉納するそうです。
中でも加藤清正公の虎退治の演目は、
日蓮宗陽光山龍泉寺の第二十二世の本覚院日要上人が、
龍泉寺の清正公大祭の為に浜田の長澤社中に依頼し
創作したものなのだそうです。

(・・? と言っても・・・私は初めて見る神楽でしたから?
ちょっと調べてみました。
(^O^)/ あらすじはこちら読書
加藤清正は、尾張生まれ。
豊臣秀吉の遠戚にあたり、秀吉に我が子ように可愛がられました。
文禄・慶長の役で朝鮮出兵し、その時の虎退治が神楽演目に…
清正の使いの者が虎に襲われ、清正は槍を持って暴れる虎を退治する。
 アンーノォ・・・(^。^)y-.。o○
適当に私なりに理解してご紹介しますので、
見ているあなたもそれなりに理解して楽しんでください。

法華経を持っています 朝鮮に出兵します清正の使いの者です
清正様は後姿も素敵です 加藤清正です 清正の使いの者です
法華経を持っています(^O^)/ 法華経について、詳しくはこちら≫
法華経の門を開くには釈尊の言葉に耳を傾け、
素直に信じる心が大切だと教えています。

法華経を学ぶことは、
法華経という不思議な鏡に
自分自身を映して・・・・§^。^§
自らの人生を知ることになるそうです。


聞き耳を立てる ウーウー?変な声が聞こえました(・・?
虎の’ウーウー’という叫び声が印象的です。
清正の使いの者です 清正の使いの人は、おもしろい人のようですなんか(・・?
清正のお使いの方は、
すっごく面白い。
おっちゃんのようです。

虎が出てきました。見る ドラドラ!
虎が出てきました 虎です 虎がそばにいますよ (*^_^*)気づいてよ! 逃げなくちゃ。。。
(・・? あら、場外へ飛び降りました。観客は大喜びです。
私は舞台中央の前の方で見てました。
舞台下には、観客が上がらないよう監視の方いて、
立ち入り禁止のバーがあったんですよ。

虎は場外へ飛び降りました 私のまわりはこんな感じでした
清正の使いの者が虎に襲われました 舞台に戻った虎は、

お使いの方に襲い掛かります。

お使いの方は、
清正様に報告しました。
(^_^;)虎に襲われました。

お使いの者です 清正様に報告しました「虎に襲われました」 虎退治をお願いしました
清正は槍をもって暴れる虎に向かい、見事に虎を退治します。 槍を持った清正です 虎です
虎退治をします 虎:退治されたくないんです 虎は抵抗します いやだ!虎の抵抗は続きます 槍で刺した 虎は退治されました
関白豊臣秀吉による文禄の役の朝鮮出兵の際、
襲われた時がありました。いざ!勝負!勝負!
襲われました 負けるわけにいきません手ごわい敵です いざ!勝負!勝負
勝利しました 清正とお使いの方です \(^o^)/ 勝利しました。
喜びの舞です。


(^^ゞ ちょっと教えて? 加藤清正 

見るあら(・・? どうしましょ。見つけちゃいました。
広島FFに石見神楽で参加
浜田市議会議員 川神裕司 という方が神楽を舞われたようです。
わからない方は質問してみてはいかがですか?

広い舞台でして、お囃子さんは・・・(・・?

お囃子さんです
お囃子さんは・・・舞台そでから

神楽を熱い目線で見守っていました。
(^O^)よかったよ!ありがとう拍手
今日はいい一日です。すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています

(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

毎度(^○^)ありがとうごさいます


 (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください
メイドさん
    
(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪
 寄鍋もどき * 神楽大好き * 15:25 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:25 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ