<< 梅雨まじか 田植えはまだかな? | main | 蛙が喜ぶ季節の広島(^^)/ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

神楽鑑賞会に行きました

JUGEMテーマ:日記+情報

 

(^^ゞ スマイルショップ (^o^)丿



(^◇^)いらっしゃいませ!★
カップ


受付案内 成行ストーリー総合案内はこちらです。


ぴかぴかいらっしゃいませ! 桜 1号店 鳥2号店  


(^^)/ ジョギング気ままにGO! http://kimamadeok.exblog.jp
エキサイトブログ開設しました。

(^○^)毎度ありがとう!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき田利の“こだわり米”


りんご線



 
神楽鑑賞会に行きました。

仕事帰りに前売り券を買った私。
神楽は本日アステールプラザで、13時から開演でした。
到着は開演15分前でした。席あるかな?1階は無理です。
全席自由席でした。当日券はすでに売り切れでした。

2階に上がってあいてる席さがしていたら・・・・
係の方が、「一人の方」って言われるから、
(^^)/ 「はい」2階席の真ん中で一番前です。

ラッキー!いい写真撮れる・・・鞄を見たら「ない」
携帯忘れてしまって、写真が撮れなかったんです。
というわけで、画像が見たい方はクリックしてください。
宮乃木神楽団 大塚神楽団 中川戸神楽団(スーパー神楽)

第一部は新作披露でした。
1、「新羅三郎」平安末期、朝廷に反した安部一族が滅ぼされた
「前九年の役」の後、再び東北で起こった清原一族による争い
「後三年の役」を背景とした新作です。

(^。^) 足軽の門番さんがおもしろい。
前は赤、後ろは青のリバーシブルの鎧を着てました。
おっかーの煮物とみそ汁を恋しがっていました。
いびきのかき方、ボケ方が実におもしろかったです。

兄の苦戦を知り弟が加勢にやってきて、門番が敵と間違えて・・・・
ヤッター!「ヤッターマン」って大根を竹のやりにさして喜んだりして、
これが本当の大根役者なんですって。私の好む性格の方でした。

2、橋弁慶 石見神楽の「弁慶」の改作でした。
牛若がいかにも男前で、身軽でかっこよかったですよ。
衣装も、橋の上での戦いのシーンも桜の枝の演出も素敵でした。

3、紅葉狩 スーパー神楽(魅せることに力を入れた力作)
煙がもくもくでできて、見事に煙を操って・・・火が出て、
手品見たいに煙に巻かれて消えちゃったりして。 
わーっ!見ているだけで迫力満点。すごかった。
お囃子の笛がとっても上手でした。

第二部 大江山三段返し(^0_0^)
1、 一条戻り橋 宮乃木神楽団
傘売り善兵衛さんがおもしろいんです。
晩酌の肴を奥さんに頼んだら・・・
「おいしい?」聞かれて・・・?
賞味期限1カ月前!の食品で・・・。

(^_^;)「どこも一緒よ」野次が飛んできました。

本当に、ボケ方がお上手な方でした。

茨木童子の美女と老婆の踊りも上手!
顔が変わるとこなんか「うまいね」もう、たまんない。
お囃子の太鼓がダイナミックで迫力満点。
のりに乗っていましてよ。もう!最高でした。

私の隣の席のおじさんが、
(^0_0^)「戻り橋は、宮乃木神楽団」絶賛でした。

2、羅生門 大塚神楽団
最近、子供神楽ばかり見ていたから、
本物の神楽はこうなんだ!って思いました。
鬼が腕を取り返して、くっつけるシーンが面白かった。

3大江山 中川戸神楽団
もう、迫力満点、すごい。
神社で神楽見ているというより、プロの演劇みているみたい。
山伏と酒呑童子とのやりとりが興味深かった。

都の酒を手土産に差し出して、毒味させたり、
生い立ちを話させたり、疑いを晴らすために
仏法の質問をしたりして・・・
弘法大師の名前が出てきて、不動明王の名前も出てきて、
最後はお経で封じるんですね。いい勉強になりました。

 大江山三段返しのあらすじです。
一条戻り橋
平安の昔、大江山に潜む酒呑童子の手下、茨木童子(鬼)は、
都にかかる一条戻り橋に夜ごと現れ、人々を苦しめていました。
源頼光から命じられた四天王の一人、
渡辺綱は成敗に向かうことになります。
その頃、一条戻り橋では、茨木童子(鬼)が老女に化け、
通りかかった傘売り善兵衛に傘を買うと近寄り、
いきなり鬼になって襲いかかります。
直後、綱が橋にさしかかると、今度は美しい女に化けて
五条まで連れて行って欲しいと頼みます。
道すがら、川面に映ったのは、女の正体(・.・;)鬼の姿でした。
茨木童子(鬼)は、魔術を使って綱を倒します。
そこへ坂田金時が駆け付け、茨木童子(鬼)の片腕を
切り落とすのですが・・・
茨木童子(鬼)は、大江山の空へ飛び去って行きます。

羅生門
大江山に逃げ帰った茨木童子(鬼)は、無残な姿で酒呑童子(鬼)の前に現れます。
怒った酒呑童子(鬼)は渡辺綱の乳母を食い殺して、
乳母に化けます。
そして、持ち帰った茨木童子(鬼)の片腕を取り返します。
その後、羅生門で源頼光・渡辺綱・坂田金時の三人は、
酒呑童子(鬼)と茨木童子(鬼)を相手に激闘しますが、
童子(鬼)たちは、大江山へ逃げ去っていきます。

大江山
源頼光は、四天王を引き連れ、山伏姿に身を変えて、
酒呑童子(鬼)たちを追って大江山へ向かいます。
途中、姫に出会ってその警護の旅を装い、
本拠に着いた一行は酒呑童子(鬼)に正体を執拗に疑われますが、
なんとかだまし通します。

そして、人が飲めば美酒で鬼が飲めば毒酒となる神酒を、
童子たちに飲ませます。
力が衰えたところで頼光と四天王は一味を成敗します。 

拍手 帰りに神楽を演じていた方がお見送りしてくださって、
みんな記念に一緒に写真を(*^_^*) 携帯で写メ撮っていました。
来年は5月16日(日曜日)予定だそうです。


今日はいい一日です。すべての良き事が起こります  (^o^)丿 ありがとう (^O^)v 感謝しています


(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪

毎度(^○^)ありがとうごさいます


 (^^ゞ スマイルショップ”のご案内(^O^)v 
 いらっしゃいませ(^o^)丿 ≫ こちらからお入りください



メイドさん
ぴかぴかいらっしゃいませ! 桜 1号店 鳥2号店  

コシヒカリ5Kgicon
食事おいしいね(^○^)感謝します!★  
(^○^)毎度ありがとう!★  たぬきをクリック(^_-)
たぬき田利の“こだわり米”感謝セール



(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪・・・☆&★・・・(^O^)♪☆&★・・・(^O^)♪




 寄鍋もどき * これが私の生きる道 * 21:56 * comments(0) * trackbacks(1) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:56 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

From - @ 2009/05/25 12:16 AM
このページの先頭へ