スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

宮島の錦水館の温泉に行きました

宮島の厳島神社主催の島巡りに参加したくて宮島に宿泊することに決めました。

毎年5月15日 信仰の厚い厳島神社の講社員のために とりおこなわれる
カラスとの 共同御神事。。。 神秘的な「御鳥喰(おとぐい)式が見たい私は
日本最大級の楽天トラベルで菊乃屋さんの素泊まりを予約

(´・_・`) 宿は? 楽天トラベルで予約 菊乃屋さんの素泊まりです。
お風呂はついていないので 大浴場へ入りに行けば。。。。別料金が必要と言われ
それならば 宮島の温泉に入りに行こうと錦水館に行きました。

フロントで(^O^) 「どちらにお泊りですか?」聞かれました。

(´・_・`)「菊乃屋さんです」答えると。。。

フロント(^O^) 「それでは 少し安くしましょう」と言われ ¥1050です。
 日帰り入浴 11:30〜22:00迄 大人(1260円)小人( 840円)
 *料金は、バスタオルとフェイスタオルが付いています。 

お風呂は地下にありました。

女湯の脱衣所
アメニティがいっぱい わーっ!
いっぱいある。

嬉しくなって
試してみました。

そして。。。。

違いがわかる
お気に入りがあった

(((o(*゚▽゚*)o)))
美水泉です



なんか?顔が若返った気がした。目元が違う
すっごく楽で とても嬉しいo(^▽^)o 欲しくなった。

アイジングケアのための…パーフェクトゲル誕生!
洗顔後のスキンケアはこれ1つでOK!ゲルから湧き出る温泉水が保湿効果を与え、
しっとりとしたみずみずしいお肌をつくります。
全成分コラーゲン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10、アルプチン配合



真っ暗な宮島の夜 》

おとぐい式
御島めぐり:おとぐい式
 寄鍋もどき * 宮島(厳島)へ行こう * 00:13 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

大野かきフェスタのステージは?

大野町は宮島と同じ廿日市にあります。
2012年2月5日 大野牡蠣フェスタに行きました。ここでステージをご紹介します。
コンサート

ステージの前にはベンチが用意されており いろいろ買ってきて食べながら楽しめる。
牡蠣雑炊¥200 とん汁¥200(牡蠣が入ると¥300) ぜんざい¥100
かきうどん¥350など みなさんいろいろ食べておられました。
焼き牡蠣
牡蠣雑炊 とん汁ぜんざい

お風呂から出てステージの前に行ったのは14時頃でした。
 
ステージでは大道芸が、趣味が転じてプロになられたそうです。
南京玉すだれ、傘回しは、金の輪、皿、猿のぬいぐるみをまわしていました。
(猿のぬいぐるみを回して猿まわしなのだそうです)
皿回し指回しがすごかったです。たくさんのお皿が回りました。拍手拍手
南京玉すだれ傘回し皿まわし


おやじバンドの演奏がありました。ボーカルのお姉さんにはファンクラブがあるそうです。
応援団も駆けつけていて 会場はとても賑やか楽しい雰囲気でした。
おやじバンドボーカルのお姉さんリーダー?


曲はピンキーとキラーズの「恋の季節」とか加山雄三さんとかなつかしのメロディー

(^O^)/ おやじバンド『ピンスポット』です。拍手応援団が盛り上げる。拍手
拍手拍手楽しかった!雨が降ってきて寒い!
・・・アンコールは今回されませんでした。
雨が降ってもすごい人
雨が降るのにすごい人

お目当ては?
抽選会かな・・・
それとも餅まき?


(^O^)/ まっていました・・・烏神太鼓がはじまります。
烏神太鼓とは・・正式名は、安芸大野天野流烏神太鼓です。
烏神とは、う・じ・んと発音し、神烏(かみがらす)のことをあらわします。
大野には、古くより、厳島の弥山に住む神の使いの烏(からす)に神饌を供える
「お烏喰い祭」の伝説があり、烏神太鼓は、伝説からつくられました。
五人の男子が、真っ黒い衣装を身にまとい、バチを手に跳んだり、跳ねたりしながら演奏する姿はまさに神烏そのもの!羽ばたいたり、飛び立ったりする感じがよく出ています。勇壮に舞い、太鼓を打ち響かせる烏神太鼓は大野の郷土芸能なんです。

烏神太鼓 子供1

わーっ!すごい、飛び出してかっこよく決まった。拍手拍手拍手
烏神太鼓 子供2
烏神太鼓 子供3


子供の烏神太鼓もカッコ良かったです。上手でした。いいもの見せてもらいました拍手拍手

拍手拍手これから 大人の烏神太鼓です。
練習風景≫
烏神太鼓1
烏神太鼓2
烏神太鼓3
烏神太鼓4

烏神太鼓 かっこいい!決まった拍手拍手拍手

このあと お楽しみ抽選会がありました。
特産品販売コーナーがあって、「大野かきお買い得市」がありました。
生かき(500g)・・・1000円
殻付きかき (1袋)・・1000円
*お買い上げ1000円ごとに抽選券1枚もらえます。
半券を抽選箱にいれて、あたると豪華賞品がもらえます。

寒いから、雨も降るし帰ったかたもいらしたようです。
10秒以内に返事がない場合は再抽選されました。
七福神ライン

そして フナーレは餅まきです。たくさんのお餅がまかれました。
本日の収穫
私は4個のお餅をGETいたしました。


 帰りの無料送迎バスの中で出会った右隣の席の方は、牡蠣を買われ
抽選があたるかも?抽選券を持って再度会場に・・・当らなかったそうです。
そして左隣の方は?大きな箱を持っている、抽選にあたったそうです。
重たいけど嬉しそうでした。はずれた方にお餅をひとつ差し上げました。

送迎バスすごい収穫です

たまたまなんですけど、牡蠣の土手鍋に並んでいた時に出会った方に?
JR大野浦駅でお会いしました。お餅を12個とったそうです。
見せていただいて写真を撮らせていただきました。




JUGEMテーマ:宮島に行こう


 寄鍋もどき * 宮島(厳島)へ行こう * 08:04 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

大野かきフェスタへ行きました

 無料送迎バス2012年2月5日 
大野かきフェスタに
行ってきました。

JR大野浦駅には
登山を楽しむ方が
多いようで・・・
多くの人が準備体操をされていました。

改札を出たところに停留所があり、JR大野浦駅から無料の送迎バスが運行中でした。
どこに行けばいいのか?初めての私は人の流れについてゆく。
とりあえずイベント会場に到着したら?
行列発見
行列ができています。迷わず並ぶ。
何の行列なのか聞いたところ?温泉の入湯券だそうです。
どこのお風呂も 
本日に限り¥300
(タオル付き)


3か所あって・・・旅館かんざきと宮浜グランドホテル(10;30〜14:00)と
宮浜ベニマンサク湯(10:30〜23:00)200名 男女別に入浴時間も決まっていて
一人1枚しか買えない。友達の分はもう一度並ぶ事になります。

一番時間が長いので人気があるのはベニマンンサク湯でした。
 以前は「石亭」もあったし料金も200円だったそうです。
私が並んだのは朝9:40頃、行列は70人位でした。10時販売開始です。
友達の分も・・・2回並んで購入しました。男性が多くてすぐ売り切れました。

お風呂の券を購入するために並んで知ると小学生が大根を売りに来ました。
(・・? 今度はプログラムを配りに来てくれました。親切なところです。
入浴券を購入して、イベントを見にステージカーのところに行きました。
神事がはじまる

地元 大頭神社の厄祓い神事がはじまったところでした。
おはやしさんですお清めです

(^−^) ☆大頭「おおがしら」神社(廿日市市大野滝ノ下妹背の滝)

 嚴島神社の摂社として603(推古11)年に造営され、約1400年の歴史を誇る神社です。大山祇命、国常立命、厳島神社の最初の神職佐伯鞍職命の三神を主祭神としてお祀りし、平清盛が安芸の守であった当時から毛利・福島・浅野の時代まで、社領米を与えられていたという名社です。
「烏食祭」「四烏の別れ」などという由緒ある神事も伝承されていました。
世界文化遺産安芸の宮島にある厳島神社の摂社(ご本社(厳島神社)に付属し、その祭神と縁故の深い神を祀った神社)としても知られる由緒正しい神社です!

大頭神社の獅子舞神事は寛政9年(1797年)から続き(今年で215年!)現在では正月行事として大野5区、6区で行われています。秋祭りには、大野名物の烏陣太鼓、そして 栗栖神楽団の舞など奉納されているようです。

(^^)/ アラ(テング)さんです。棒でつついてもらうと厄除けになるそうです。
アラ(テング)ですあらです


獅子舞です。こちらも厄除けらしいです。
獅子舞
獅子舞です

弓神事も行われ 2本の矢を射られました。
弓神事獅子


このあと一行は 厄除けをしながら会場を回っていました。
会場を練り歩きました会場をまわりました


びっくりして怖がる子供もいましたが、厄除けしてもらいみんな喜んでいました。
大勢の人でした

会場は大勢の人です。さて!私はいろんな屋台を見てまわりました。
かんきつ類ピリ辛炒めわかめ牡蠣フライ焼き牡蠣牡蠣の土手鍋

牡蠣の土手鍋¥100 行列が短かったのでラッキーと思って並びました。
完売の札を持っているお兄さんがいて?並んでいるおばちゃんが・・・
§^。^§「売り切れたと言っても、今作っているんだから・・・」
お兄さんは『準備中』に書きなおしました。少し待って出来立てをいただきました。
行列は・・・?

牡蠣の土手鍋を
手にして歩いていたら?
行列は・・・長く伸びていました。
牡蠣の土手鍋は¥100


子供がゴミ拾い

大野西小学校の児童が大活躍!会場のゴミ拾いをしていました。ごくろうさまです。
ありがとうございます。とっても感謝してしまいました。


JUGEMテーマ:宮島に行こう


 寄鍋もどき * 宮島(厳島)へ行こう * 18:23 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

宮島大聖院で節分を楽しもう

2012年2月3日 宮島大聖院にいきました。あれ?大聖院に行く途中発見!
宮島では魔除けに”たわらくい”を玄関や軒先に飾るようです。
たわらくいこれが魔除け?

お坊さん大聖院では2月3日 節分の豆まきがあります。
11時ごろに行くとお蕎麦の接待をいただけます。
少し行列に並ぶようなのですが・・・お茶もあります。
御座敷に上がってゆっくりいただけます。
接待のお蕎麦
スピーカーから?
お経が聞こえました。
 集まった方にも
功徳があるようです。


12:30頃から宮島太鼓の演奏が盛り上げます。まずは獅子舞がまわる。
お獅子はチンタと花子です。あっ、人力車の兄ちゃんですね。
獅子舞体験
獅子舞
獅子の登場ですお獅子は チンタと花子です

宮島太鼓の演奏がはじまりました拍手 2曲演奏されました。拍手拍手拍手
宮島太鼓宮島太鼓宮島太鼓

お豆をまかれる方が、厄払い等の御祈祷を受けられて摩尼殿(大聖院の三鬼堂)
より年女年男など大勢の方々が入場されました。御住職様もいらっしょいました。
御住職様の入場スタンバイへ

大勢集まっていました

私は最前列の真ん中を陣取ったんです。始まるまでの待ち時間です。
ちょっと鯨幕をめくったら?・・・あら?大聖院のご住職様がいらっしゃいました。
(^O^)/ 「みなさーん、福徳の多いお豆がいただけそうですよ。」ありがたい。
写真撮っています待ち時間・・・こんにちは 勢ぞろいです
あらま・・・こんにちは
いよいよです緊張の時

いよいよです。緊張の時ですよね。コートのフードも整えて・・・
傍にいた方はおおきなバッグを持っていてうけるようです。
取るぞー

始まる前に注意事項の説明がありました。危険行為の禁止。木に登らない。
舞台に当っても豆は落ちてこない。バックに豆を入れて貴重品を落として帰らない。
それから・・・前ばかり取らないように途中で入れ替えをするそうです。
こっち ちょうだい
豆ちょうだい。
前は紅葉饅頭。
あっ、お豆!
取られた。

お餅とった。
私のところにお願いします

(^0_0^)私の前を行くおじちゃんは両手に豆をかかえていました。
下に潜り込んでとったそうです。親切なおばちゃんに紅葉饅頭をあげました。
豆まきです
§^◇^§ ご住職様!お豆はこっちですよ。
お豆くださいー。お願いします。
入れ替えが行われ、後ろに下がりました。

これは行ける。お餅はあたると痛いんです。
 下に潜ると泥だらけ・・・執着捨てる。
前の人のお尻が頭に乗っかりそうです。
「ほしい」煩悩を燃やして。お豆が、お餅が・・・たくさんとれました。大収穫です。

少しはやいけど、ポケットがいっぱいになったので終了前に角に行きました。
 お豆取れなかった方に少し差し上げました。たくさんとったんです。
お友達のお見舞いに行かれる方に・・・綺麗なお豆の袋とお餅を差し上げました。
景品引換券を2枚 もう、時間がないから・・・っていただきました。
(゜.゜)正確な数は?お豆16袋、紅葉饅頭5個、お餅5個位とりました。
*お餅は大きかったけど、ビニールに入っていなかったんです。
 
福豆の袋の中に引換券が入っていて、4等と5等が各3本と、6等、9等、11等
キッチンハサミとビュラーのセット、メラミンスポンジラクラククリーン
食品保存袋、相田みつをマイクロファイバーハンカチ、炭酸飲料、酒粕など
景品が足りなくなって?違うのが配られたりされていたようです。

配っておられました景品です

お豆が取れなかった方へ 出口で豆を配っておられました。
とれなくても大丈夫!お豆いただいて帰れますよ(^_-)-☆

帰り道に出会ったおじちゃんは卵が当ったそうです。毎年30位とるそうです。
毎年参加されている方のようで今年は集まった人の数が少ないとか言われてました。
お豆はおいしいお豆なのだそうで、宮島競艇のお友達に持っていくそうです。
福豆お餅景品

大聖院の豆まきは楽しかった。大収穫でした。嬉しい・・・!

七福神ライン

夜、大願寺の節分会に行きました。大勢の方が本堂にいらっしゃいました。
受付に行き、お経本を頂いて・・・お経を読んで参りました。スッキリ。
夜の大願寺
夜の
宮島は・・・・

タヌキに出会ったお店で食事をしようと
行く途中に猫?たぬきでした。
 大願寺の御住職のお話は、
みんなで分け合うと楽しい。

大収穫でしたのでお店の方にも
スポンジとお豆をもらっていただきました。
町屋通りを歩くと?落ちていました


宮島はお豆を白い紙に包んで四つ角で投げる風習があるそうです。
どこかのお宅で風習に沿った行事をされたようでした。

帰りのフェリーはたくさんの人が乗船していて、大願寺行かれたのでしょうか?
広電の電車に乗っていたら・・・大願寺に行かれた方に出会いました。
朝の大願寺の境内のお掃除をしたりされているそうです。
来年は豆まきに参加して豆をまかれるそうですよ。
 お知り合いの方は今年80代、すごくお元気で今日、大聖院で豆をまかれたとか。
宮島に通い、私は多くの徳をいただいていることに気が付きました。
 星祭り?そういえば私の今年の星周りは・・・厄払いが必要でした。
お経を読んで福豆を取り、多くの人に差し上げたからこれでよかったようです。

JUGEMテーマ:宮島に行こう


 寄鍋もどき * 宮島(厳島)へ行こう * 09:36 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ